最新技術情報

最新技術・情報をアップデート

ブロック【block】- ブロックチェーン開発 ・オフショア開発なら株式会社BAP
ブロックチェーンシステムにおいて、一定量のトランザクションデータをまとめて永続的に記録するファイルを ブロック と呼びます。 ブロックチェーン開発 においてはブロックの設計によってトランザクションスピードに影響がでるため、重要な項目です。 時間とともに新たに生成されたトランザクションデータは、1.トランザクションプールと呼ばれるデータ貯蔵庫に一時的に保管され、2. マイニング作業によって新たなブロックとしてまとめあげられ、3. 正当性が承認されると古いブロックに繋がれてチェーンを形成します。 ブロックがより長くブロックチェーンに埋め込まれるにつれて変更や削除がより困難になり、ブロックチェーンの ...
トランザクション【Transaction】
入出金情報の管理のように、複数の更新処理を連続で実行し、関連性のある一塊のデータとして管理する必要があるシステムの場合、複数のデータ処理更新を1つの単位にまとめ、管理することが可能です。この処理単位のことを トランザクション と呼びます。 ブロックチェーン上ではトランザクション一つ一つをいつでも参照できるようになっています。 複数の連続更新処理を行う際に、全処理が無事に成功したときだけデータベースの変更を実行することができます。 また、何らかの原因によって一部の処理が正しく実行されなかったときは全更新処理をキャンセルして作業全体を取り消すことが可能です。...
タイムスタンプ 【Timestamp】
タイムスタンプ ( timestamp)はあるイベントが記録された日時・日付・時刻などを記録し、記録が存在していることと改竄されていないことを証明するシステムを指します。 電子署名などで用いられているRFC3161 Time stamp protocolではPKIを利用しており、時刻認証局(TSA:Time-Stamping Authority)がハッシュ値に時刻情報を偽造できないようにして結合したタイムスタンプ(正確にはタイムスタンプトークンと呼びます)を利用者に送付しています。 記録を僅かでも更新した場合、変化したハッシュ値のみがTSAに提示されるので利用者は記録内容を知られずにタイムスタ ...
ライトニングネットワーク【Lightning Network】
ブロックチェーン外でビットコインの送受信取引をする仕組みを ライトニングネットワーク と呼びます。 ビットコインでは、ブロック生成時間が約10分、保存容量が1MBといった仕様から、1秒あたり7取引しかできません。VISAカードなどの処理能力は1秒あたり約4000取引と言われていますから、ビットコインの処理能力はとても高いとは言えません。 そのため、ビットコインは多くの人が同時に取引を行おうとすると、長期間待たされてしまう人が多く出てきます。 ビットコインのこの問題を解決するため、取引能力を補う目的でブロックチェーンの外にライトニングネットワークと呼ばれる送受信取引記録管理システムが考案され、G ...
VPN – 仮想プライベートネットワーク
VPN【 Virtual Private Network】 仮想プライベートネットワーク  VPN とは、通信事業者の公衆回線を経由して構築された仮想的な組織内ネットワークまたはそのようなネットワークを構築できる通信サービスを指します。 古くは電話回線で用いられていたいたもので、全国に拠点を持つ大企業の内線電話などを公衆網を中継して接続するサービスでした。 その後、VPNは一般的に企業内ネットワークの拠点間接続などに使われ、自社ネットワーク内部の通信と区別がつかないレベルで遠隔地の拠点との通信が行えるようになってきました。 VPNを用いることで、安全な通信ルートを確保した上で重要な情報をやり取 ...
0x 【DEX プロトコル】
0x (https://0xproject.com/) は異なるトークン同士を取引する分散型取引所(DEX)を構築するためのプロトコルで、イーサリアムネットワーク上に構築されています。 一般的なDEXでは、取引注文(オーダーブック)や注文キャンセルなどの全てのトランザクションをブロックチェーン上で処理します。 ブロックチェーンの承認作業には時間とコストがかかりますから、取引時にかかる時間と手数料が多くなってしまいます。 更に、イーサリアムネットワーク全体にも負荷がかかり、DEX以外でのトランザクションを阻害する可能性があります。 0xでは、互いにトークンの取引を行う処理だけをブロックチェーン上 ...
マークル木【Markle Tree】
マークル木 とは、ファイルのような大きなデータを要約した結果を格納するツリー構造の一種です。 主に入出金記録などの大きなデータの要約と検証を行う際に使用されます。 データ要約および検証時の計算にハッシュ関数を用いているので、ハッシュ木とも呼ばれます。 マークル木は、公開鍵暗号方式の開発者ラルフ・マークルが1979年に発明しています。 原著論文はこちら マークル木 の構造 マークル木では、2つのデータを1つにまとめて1単位のデータとして取り扱います。 上の図では、トランザクション0(Tx0)のハッシュ、トランザクション1(Tx1)のハッシュをそれぞれ計算しています。 このAのハッシュ、Bのハッシ ...
マルチシグ – 秘密鍵の分割
マルチシグ とは、公開鍵暗号方式において秘密鍵が2つ以上に分割されている状態のことをいいます。 Copayなどのビットコインウォレットなどに良く用いられる技術で、一定数の秘密鍵情報が揃わないとビットコインにアクセスできないようにすることでセキュリティレベルを上げるケースが多くみられます。 もっとも多く使用されるマルチシグは「2 of 3」という方式で、3つに分割した秘密鍵のうち2つが揃うことでビットコインの送受信ができるように設定されます。 たった1つしかない鍵情報が漏洩した場合、外部の人間にビットコインの送受信を許してしまうことになってしまうので、鍵情報を2つ以上必要にしておくのです。 なお ...
Bitcoin Wallet Classification
Sorry, this article is only in Japanese....
Blockchain
Sorry, this article is only in Japanese....
ERPはなぜ必要とされるのか?
現在、 ERP必要 は大企業だけでなく中小企業でも当たり前のように導入されており、ビジネスプロセスにおいて重量な役割を果たしています。 今回の記事では、 ERP必要 として知られる集中型情報システムの必要性を初心者にも分かりやすく説明します。 1.なぜERPは必要とされるのか?  ERP の必要性を理解するために、まず一般的な業務プロセスを見てみましょう。 上の図は一般的な業務プロセスを表したものです。とても複雑に見えますが、受注から売上処理まで下記のような手順で行われます。 ①顧客から注文を受けた営業部門は在庫管理部門に製品の在庫を確認する。 ②在庫がない場合、営業は生産管理部門に製造を依頼 ...
ERPはなぜ必要とされるのか?
現在、 ERP必要 は大企業だけでなく中小企業でも当たり前のように導入されており、ビジネスプロセスにおいて重量な役割を果たしています。 今回の記事では、 ERP必要 として知られる集中型情報システムの必要性を初心者にも分かりやすく説明します。 1.なぜERPは必要とされるのか?  ERP の必要性を理解するために、まず一般的な業務プロセスを見てみましょう。 上の図は一般的な業務プロセスを表したものです。とても複雑に見えますが、受注から売上処理まで下記のような手順で行われます。 ①顧客から注文を受けた営業部門は在庫管理部門に製品の在庫を確認する。 ②在庫がない場合、営業は生産管理部門に製造を依頼 ...
1 2

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓