2020年のテクノロジートレンド

私たちは第4次産業革命の真っ只中にあり、技術はかつてないほど急速に発展しています。テクノロジーのトレンドに追いついていない企業や個人は今後、取り残されてしまう可能性があります。主要なトレンドを理解することで、人々や企業はチャンスを掴むことができます。この投稿では、2020年のテクノロジートレンドを紹介します。

5Gデータ通信

5Gは、4G世代に続く次世代のモバイル通信技術であり、28、38、および60GHz帯域で動作します。発明者によると、5Gネットワークは今日の4Gよりも約100倍高速であり、多くの可能性を秘めています。

5g network

5Gネットワークは、IoTに参入するための鍵と見なされています。IoTの重要な要素は、センサーがオブジェクトや環境からデータを抽出することです。数十億のセンサーが、家電製品、セキュリティシステム、ヘルスモニター、ドアロック、自動車、ウェアラブルに統合されます。5Gネットワークは、企業と消費者のニーズを満たすために2020年頃からスタートしました。

2020年7月、VinグループはSnapdragon765チップを使用したスマートフォン VSmart Arisを発表しました。これは5Gの対応に成功しました。

コンピュータビジョン

「ビジョン」とは、カメラやセンサーによって収集された画像から、物体、場所、または人を識別できるシステムを指します。このテクノロジーにより、スマートフォンのカメラが画像内の顔を認識できるようになり、Google画像検索などのテクノロジーがサポートされます。

ただし、コンピュータビジョンの使用が増えるにつれて、プライバシーの問題を考慮する必要があり、このテクノロジーの使用を制限する方法についても多くの議論があります。

computer vision

エクステンデッド・リアリティ(XR)

エクステンデッド・リアリティ(XR)は、現実と仮想を組み合わせた環境を指す用語であり、高度に構成可能なコンピューターとVRメガネのテクノロジーによって作成された人間と仮想現実の相互作用です。XRには、拡張現実(AR)、拡張仮想(AV)、仮想現実(VR)などの表現、およびそれらに関連するフィールドが含まれます。

extended reality

XRを使用すると、さまざまなレベルの相互作用で仮想現実を体験することができます。現実と仮想現実を組み合わせて次のような体験を作成できます。:

この体験により、従来の2D画面ではなく3D空間に自分がいる感覚になるので、没入感を体験できます。

ブロックチェーン技術

2020年は新しい10年の始まりであり、それに伴い、ブロックチェーンテクノロジーはますます普及ています。2020年は、ブロックチェーンテクノロジーに多くの変化が見られる年です。ブロックチェーンは、トランザクションの記録に使用されるデジタル台帳ですが、暗号化された分散型の性質によって保護されています。

blockchain

AI

人工知能(AI)は、私たちの時代で最も革新的な技術の1つです。 ほとんどの企業は、AIを使用して顧客体験を向上させ、ビジネスを合理化する方法を模索し始めています。 2020年も、AIベースのシステムの設計と実装は、ほとんどの企業がコストをかけるでしょう。

ai

このため、AIアプリケーションの大部分は引き続きサービスプラットフォームプロバイダーを通じて実装され、ユーザーは使用中のアルゴリズムまたはリソースに対してのみ料金を支払うことができます。

BAP Venturesは、アプリSmart Fasionの開発でAIを実装することに成功しています。このアプリは人々のためのコーディネートを提案し、ユーザーがオンラインで服を試着したイメージを提供します。

sf

アプリのダウンロードはこちらから: bit.ly/taiSmartFashion

 

ソフトウェア開発-オフショアサービス| BAP SOLUTION JAPAN CONTACT

ご注文・お見積り依頼はこちら

開発のご相談・お見積もり