お客様の声

株式会社 NTTデータNJK 小川様

要求に対するレスポンスの速さ、コミュニケーターの安心感が「BAPオンリー」です。

1. 事業内容を教えていただけますか?

弊社ではAR/VRをビジネスに適応するxRクラウドサービスSTYLY.bizの開発に取り組んでおり、音声認識など先行機能の研究・開発をBAPに協力してもらっています。

2. BAPを選んだ理由を教えていただけますか?

1つ目の理由は、「これを作れますか?」と聞いたときのレスポンスの速さです。この速さは日本の開発会社では成しえない程です。日本のほとんどの開発会社は、地道に設計書を作成して社内で検討して・・・というステップがあるので、どうしても時間がかかってしまいます。BAPの開発チームは自分なりに解釈して、こういう表現はどうだろう?と素直にアウトプットとして出してくれます。私たちはこのアウトプットの速さを評価しています。通常、オフショア開発は日本語を翻訳して要求を開発者に伝えるため、情報が抜け落ちてしまうことがあります。そのうえ、私たちは研究を依頼しているため、具体的な要件ではなく「こんなのできないかな?」という抽象的な依頼になってしまいます。だからこそ、「これはできる、これを作ってみたい」という開発チームの姿勢が私たちにマッチしています。

2つ目の理由は、コミュニケーターのDuong氏の存在がとても心強いことです。個人的に、コミュニケーターは顧客側に安心感を与える役職だと思います。通常、オフショア開発では、コミュニケーションで失敗して、期待どおりの成果が得られずに終わってしまうケースは少なくありません。例えるなら、勝手に期待して勝手に幻滅するという、よくある恋バナの最悪なパターンですね(苦笑)。このような事態が起こらないのは、間違いなくコミュニケーターのDuong氏がいるからだと思います。このコミュニケーターの安心感は本当に「BAPオンリー」だと思っています。

3. コミュニケーターの安心感がBAPオンリーということですが、他の企業では上手くいかなかったのでしょうか?

BAPに依頼する以前、他の企業でオフショア開発をしていましたがコミュニケーションが上手くいかずに失敗しました。オフショア開発を諦める方向になり、しばらくオフショア開発から離れていました。しかし、私の所属部門が新規事業推進室ということもあり、またオフショア開発にリベンジしようということになったんです。そしたら、良きパートナーとなるBAPに出会うことができました

4. 今後、BAPに期待していることはありますか?

BAPの強みはものづくりに強さだと思います。また、それを実現するのはメンバーの多さでであり、メンバーの多さがレスポンスの速さにも繋がっています。BAPは設計がある前提で製作するのは間違いなく速いです。テスターも揃っているため、テストも自社できます。しかし、要求を分析して要件化するところはまだ改善点がありますね。BAPは信頼できるパートナーなので、そこも含めた成長を期待しています。

WEBからのお問い合わせ

プライバシー情報保護に十分配慮し、2日以内に返信致します。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓