COBOLマイグレーションサービス

課題: 「COBOLマイグレーションサービス」は、ブラックボックス化した現行システム資産の可視化と、標準化されたJavaアプリケーション開発基盤により、メンテナビリティを備えたシステムへの移行をご支援します。

COBOLは40年以上前から存在する言語ですが、現在でも銀行や自動車産業をはじめとする多くのシステムに使用されています。

このような統合プラットフォームのほとんどはサポートが終了しているためメンテナンスが難しいという問題があります。したがって、システムを強化し、COBOLからJAVAにマイグレーションする必要があります。

 

ソリューション: COBOLは構造化言語なのでJAVAに変換するとツールを使用できます。しかし、JAVAに変換するとき、システムを確実に稼働させるにはシステム全体とミドルウェアも強化する必要があります。そこで、BAPがソリューションを提案します;

COBOLからJAVAへのマイグレーション

  • COBOLファイルでビジネスロジックを作成する場合:ツールを使用してソースをCOBOLからJAVAに変換します。このようなツールを使用すると、複雑なロジックを高い精度で変換することができます。しかし、システム変換後のテストと調整は新しいものを作成するよりも時間と費用がかかる場合があります。さらに、変換されたJAVAソースコードは解読が難しく、システムの保守には経験豊富なチームが必要です。
  • COBOL Webファイルの場合:HTMLの変換は不可能です。解決策は、レイアウト設計ファイル、HTMLを作成するツール、およびBean、ValidatorなどのJavaで必要なクラスを使用することです…

Cosminexusサーバーとミドルウェア:COBOLの変換に加えて、現在のプラットフォームも次のようにアップグレードします。

  • Cosminexus:Centos 7(最新バージョン)、Tomcat(Jbossなど)へ変換
  • EUR:SVFへ変換
  • TP1:Ansible Towerへ変換

さらに、COBOLの変換を成功させるには、熟練したテクニカルサポートチームが必要です。 BAPは、COBOLからJAVAへの変換をサポートします。また、AI、ブロックチェーン、ビッグデータ、SAPなどのテクノロジーを備えたさまざまな成功したプラットフォームの構築が可能であり、初期段階から製品のアウトプットまで一貫してビジネスをサポートします。

ソフトウェア開発-オフショアサービス| BAP SOLUTION JAPAN CONTACT

ご注文・お見積り依頼はこちら

開発のご相談・お見積もり