Shared Truck

課題: 「シェアリングエコノミー」は近年注目されているキーワードです。例として、配車アプリのUberやGrab、空き部屋を共有できるAirbnb、食品デリバリーのUber Eatsなどが挙げられます。この流れに乗ろうと多くの企業が「シェアリングエコノミー」に該当する独自のサービスを検討しています。ほとんどの人は注文した商品が安い送料で配達されることを望みます。配達サービスを利用していて、送料の支払い方法が分からなかったり、いつ届くのか分からなかったり、不安に思ったことがないですか?このような懸念は商品を顧客に届けたい組織や個人の誰もが感じることです。

個人・法人に関わらず、車両の維持費を最小限におさえることが重要です。もし最小限の費用で商品を届けるのに役立つプラットフォームを構築したい場合、BAPに任せてください。

ソリューション: トラック輸送アプリケーションは、BAPが開発した優れたソリューションです。このアプリケーションは、荷送人、配達ドライバー、管理者などの3つのユーザーに機能を提供します。

ユーザーは、配達用トラックの検索、注文、商品の受け取りと配達を行う場所の登録、アプリケーションによる支払い、配達プロセスの追跡を行うことができます。

配達ドライバーはモバイルデバイスから配達員として登録し、注文を受け取り、受け取り場所に行って目的地に配達することができます。

管理者は、顧客、荷送人を管理し、顧客から支払いを受け取り、そのお金を荷送人に送金することができます。 顧客や荷送人が取引プロセス中に問題を解決するのを支援したり、特定の期間に売り上げを伸ばすキャンペーンを実行したりできます。

上記のワークフローの背後には、大規模なシステムがあり、 AIやビッグデータ、GPS、地図など多くの技術が応用されています。お客様からのご要望にお応えして、あらゆるニーズに合ったシステムを構築していきます。ご相談は sales@amp;bap.jp まで。

顧客BAP IT
契約形態ラボ型
プログラミング言語React native
MySQL
AWS
PHP
製品Web, IOS, Android
開発会社BAP Software
ソフトウェア開発-オフショアサービス| BAPソフトウェア CONTACT

ご注文・お見積り依頼はこちら

開発のご相談・お見積もり

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓