VR Meeting

課題: どのコミュニケーションツールにとっても最大の目的は人と人を繋げることです。インターネットの発展により、多くのツールでリアルタイムのチャットやビデオ通話が可能になりました。VR技術は人々が繋がるのに新たな方法を提供してくれます。遠く離れていても、同じ場所にいるときと同じように、人々は互いに交流することができます。例えば、VRを通して同じものを見ることができ、隣同士に座っているように感じたり、物に触れたり、他の人に物を渡したりすることさえ可能です。エンドユーザーがイベントを楽しんだり、プレゼンテーションを見たり、多くの人と一緒に楽しむことができる仮想現実空間システムを構築したい場合、BAPはいつでもお手伝いします。

ソリューション: VRmeetingはBAPが開発し、構築したシステムです。世界中の人が仮想現実空間に参加し会議を開くことが可能です。
このシステムでは、以下のことが可能です。

  • VR会議に参加するにアバターを選択しますが、ヘアスタイルや目の色などをカスタマイズして楽しむことができます。
  • スライドを表示する仮想ボードによってプレゼンテーションを見たり開いたりできます。
  • たくさんの人と直接会話することができます。

VRmeetingはBAPがソリューション提供した一例です。VRテクノロジーに関しては、常にお客様のニーズを満たす新しいツールを研究開発しており、このテクノロジー時代のトップリーダーになりたいと考えています。VRmeetingに限らず、AI、ビッグデータ、GPS、マップなどの多くの新しいテクノロジーが実装が可能です。私たちはシステムの研究開発に自信があります。また、お客様からの要件を収集し、あらゆるビジネスニーズに対応するシステムを構築していきます。詳細を知りたい方は、sales@bap.jpにメッセージを送ってみてください。

ソフトウェア開発-オフショアサービス| BAPソフトウェア CONTACT

ご注文・お見積り依頼はこちら

開発のご相談・お見積もり

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓