バーチャルリアリティとは?VRのいろはを理解しよう

バーチャルリアリティ技術はアプリやハードウェアを通して同じ空間にいるような非現実を提供します。では、私たちの生活において、バーチャルリアリティはどんな意味があるのでしょうか?

1. バーチャルリアリティ(VR)とは?

バーチャルリアリティを用いて、バーチャルコンポーネントや、現実では訪問できない場所にアクセスできます。VRは新しいトレンドです。VRによって、人々の対話方法は変化し、視覚的に情報へアクセスすることが可能になり、現実世界にいるような刺激を実現します。

バーチャルリアリティ

バーチャルリアリティは人々に素晴らしい体験をもたらす技術です – 出典: Pexels

2. バーチャルリアリティの歴史

Wikibediaによると、バーチャルリアリティはそれほど新しい発明ではないようです。1962年、モートンハイリッグ(米)がSENSORAMAシミュレーションデバイスを発明しました。

しかし、バーチャルリアリティはコンピューティング(ソフトウェア)とコンピューター(ハードウェア)の登場により、ここ数年で広がったばかりです。今日、VRはひとつの産業となり、市場は劇的に拡大しています。

3. バーチャルリアリティ技術

新技術としてのVRとなると、ソフトウェアとハードウェアを含めるその他多くの技術的要因と組み合わせる必要があります。

そのうちのひとつはバーチャルリアリティヘッドセット画面のベースとなる以下のようなスマートフォンデバイス用の技術です。

  • 頭、体、手の位置を追跡するジャイロスコープとモーションセンサー。
  • 立体ディスプレイ用の小さな画面、軽量で高速なコンピュータプロセッサ

バーチャルリアリティグラスはきっと若者の生活に欠かせないデバイスとなります。

バーチャルリアリティの価格はバーチャルリアリティグラスのコストによりかなり高価です。

バーチャルリアリティとは

VRグラスはバーチャルリアリティ技術を備えた重要なデバイスです – 出典: Unsplash

4. ビジネスにVRを適用する方法

バーチャルリアリティは以下のようなさまざまな分野に適用できます:

4.1 教育アプリケーション

教育分野において、バーチャルリアリティは、バーチャルクラスに参加する生徒が視覚的に簡単にレッスン内容を理解するのに役立ちます。

バーチャルリアリティを通して   従来の方法よりも簡単にレッスンを記憶できます。

バーチャルリアリティ 技術

バーチャルリアリティは視覚的に多くの学習体験をもたらし、学習者を引き付けます – 出典: Pexels

4.2 医療アプリケーション

医学の分野では、バーチャルリアリティを使用して、MRIの3D画像を見ながら医師が患者に説明したり、その変動を分析したりするのに役立ちます。

バーチャルリアリティ 問題点

バーチャルリアリティは医者が診察結果を確認してタイムリーに治療計画を提案するのに役立ちます – 出典: Pixabay

4.3 研修アプリケーション

研修分野では、バーチャルリアリティは学習者がテストを受けたり、実践をよりスムーズにするのに役立ちます。

4.4 バーチャルプロトタイプを作成する重工業向けアプリケーション

バーチャルリアリティは、テスト用のマテリアルサンプルを作成します。これにより、実際に作成するひつようはなくなるので、テンプレートの作成、環境汚染の回避、およびテストスペースにかかるコストを節約できます。

4.5 建設ー建築アプリケーション

建設、建築の分野では、バーチャルリアリティは、エンジニアが建築と設計を作成するのに役立ちます。

エンジニアは、部屋、設備、またはスイッチ、ソケット、配管などの小さな部品のレイアウトから、建物のあらゆる側面を体験できます。

エンドユーザーにとって、家を購入するための契約前により現実的な感覚で判断することができます。

4.6 エンターテインメントーVRゲームアプリケーション

エンターテインメントの世界ではポケモンゴーを初めとするさまざまな成功を目の当たりにしました。このようなゲームの成功はバーチャルリアリティがエンターテインメント分野へ変化を与えた証です。

プレイヤーはゲームのキャラクターに変身することで、色彩、洗練された鮮やかの画像に満ちたバーチャルリアリティ空間を体験することができます。

このように、たくさんの価値がある一方で、バーチャルリアリティの課題には以下のような課題があります:

  • デバイスを定期的に使用することにより、目にトラブルが起きることがある。
  • 刺激が強く驚かせてしまうことがあるので、心臓病がある人の利用には適していない。
  • 安価ではないため、利用できる人が限られている。

上記の他にも、バーチャルリアリティはVR会議システムなど多くのビジネスに活用されています。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓