SAPクラウドについて企業が知っておくべきこと

デジタル変革の時代では、競争社会を生き抜くために企業はテクノロジーの進歩に合わせる必要があります。クラウドコンピューティングは現代のビジネスで非常に重要視されており、有名な例としてMicrosoftやGoogleなどが挙げられます。しかし、今回説明したいのはビジネスプロセスを処理するためにさまざまな企業に使用されているSAPクラウドです。それでは、そのメリットとSAPクラウドを基盤としたシステムを構築する方法を見ていきましょう。

sap クラウド

(出典: SAP)

1. SAPクラウドプラットフォームとは?

SAPクラウドプラットフォームは、Paas (platform as a service)として知られています。技術者の間では有名な用語のようですが、実際は新しい用語です。Paasは最先端のデバイスを組み合わせるためのSAPの前提条件です。

2. SAPクラウドプラットフォームは企業のどんな問題を解決するのか

SAPクラウドは最先端で、興味深いプラットフォームのように感じるかもしれませんが、目的はビジネスの問題を解決することです。

SAPクラウドプラットフォームはオープンAPIであり、企業はアプリを拡張し形成、結合できるように接続することができます。現在、ますます多くの企業がクラウドコンピューティングを社内システムに適用しており、これは世界中のトレンドとなっています。CRMとSFAに加えて、経理、給与、人事などの機能も持ち合わせています。これにより、SAPはERPで人気のクラウドサービスとなりました。

SAPクラウドベースで構築された人事業務システムの場合、企業はデジタル署名サービスDocuSignの「署名管理」を利用して、人事業務にかかる時間を節約できます。また、財務部の場合、自社のネットワーク内にある機密データに開くときのセキュリティ管理などに役立ちます。

3. SAPクラウドプラットフォームのメリット

このプラットフォームには多く有益な機能ががありますが、その分考慮しておきたい事項もあります。サードパーティをみつけて実装する前に、この記事で両者を理解しましょう。

SAPクラウドプラットフォームを使用すると、オンプレミスまたはERP機能を拡張し、IoTやブロックチェーン技術を含む革新的なSAP Lenardoのような機能に近づけることもできます。これにより、企業はオープンAPIや、IOS SDK操作システムなどのさまざまなデバイスに接続でき、ビジネスアプリケーションもクラウド内でビルド、拡張、または統合できます。

さらに、このプラットフォームはERPアプリや機械学習、AI、ブロックチェーン、IoT、ビックデータなどの先端技術にリンクできる条件も備えています。具体的には、SAP HANAサービスの場合、企業はJavaAPIやRuntimeの条件次第でSAPクラウドプラットフォームで機能する自社のアプリケーションからSAP HANAのデータバンクを適用できます。

SAPクラウドプラットフォームには、企業の2つの開発条件が含まれています。1つ目は、提供されているSAPクラウドプラットフォームに応じること。2つ目は、自社のテクノロジーをうまく統合させたいということです。

4. SAPクラウドサービスのパートナーの選び方

sap クラウド サービス

(出典: Medium)

それでは、SAPクラウドの構築は何から始めれば良いのでしょうか。それほど心配する必要はありません。これからSAPクラウドサービスを始め方について見てみましょう。

考慮すべき点は以下のとおりです。

  • 最初に社内の要求を分析する必要があります。つまり、社内チームは要件、目標、概要をまとめるために話し合わなければなりません。これはオフショア開発会社の場合でも、事前に既存の問題について話し合いが必要です。さらに、適切なパートナーを見つけるためには、ソフトウェアアウトソーシング分野で十分な実績がある企業を選ぶことも重要です。
  • 次に重要なのは、パートナー会社との文化・習慣がマッチしているかどうかです。パートナーが異なる文化・習慣を持っていてお互いに歩み寄らない場合、プロジェクトが遅れることがありますよね。私たち(BAP Software株式会社)の経験上、日本人は過去の実績を重要視しています。さらに、要求に対して迅速に対応できるかを評価しています。オフショア会社と協力する際は、このような文化・習慣が重要な役割を果たします。
  • SAPクラウドのアウトソーシング開発会社を選択するにはいくつか重要な要素がありますが、依然としてコストが最優先事項ではないでしょうか。日本からのアウトソーシング開発国で人気なのは、中国、インド、ベトナム、ミャンマーなどのアジア諸国です。しかし、中国とインドの開発コストはあまり安くはありません。ミャンマーはコスト面で理想的ですが、インフラにはまだ問題があります。一方、ベトナムは日本にとってベストな選択として認知されており、比較的低コストで良い品質を期待できます。

これまで述べたことは、企業がオフショア開発会社との連携を検討する際の基本的な基準と同じです。日本にとってベトナムはITエンジニアが豊富なソフトウエア開発の労働力源として期待されています。BAP Software株式会社はベトナムでのアウトソーシング開発に最適な企業です。日本での業務経験があるエンジニアが数多く在籍しており、彼らは日本の文化や働き方を理解しています。これは、日本のビジネス向けの開発の場合、大いに有利です。最後に、この記事がSAPクラウドサービスの理解や、SAPクラウド戦略の計画において、御社の役に立てれば幸いです。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓