メタバースの概要と仮想世界について認識すること

2021年10月、「メタバース」という言葉が注目されるキーワードとなって、強い関心を集めていました。起源は、マーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)が会社名のフェイスブック(Facebook)をメタ(Meta)(メタバース(Metaverse)に由来します)に変更したことからでした。        

Mark Zuckerberg

マーク・ザッカーバーグはメタバースを体験する。 イメージ: cnbc.com

I. メタバースとは?

メタバースとは、「メタ」と「バース」という2つの単語の組み合わせです。「メタ」はギリシャ語で「超える」という意味です。そして、「バース」は「ユニバース」の中にあって、宇宙という意味です。現在メタバースの統一する概念はまだありません。Whydah会社のCEOであるチー・ファム氏(Mr.Tri Pham)は、「メタバースは、多くの人にかなりわかりにくい概念であるのに、無数の論争もあります」と述べています。しかし、わかりやすくと言えば、メタバースとは、ユーザーを多次元でつなぐの仮想の3Dオンラインスペースのことです。

Metaverse

メタバースとは?イメージ:pinterest.com

II. メタバースの概要

1. 特性

– 開放性:無限の創造性を可能にするオープンなスペースです。同時にメタバースは、ユーザーがいつでも接続したり切断したりすることができます。

– 持続可能性:その中のサービスや生態系を維持し、継続的に改善できることです

– 正確さ:この機能は、メタバースでの体験が現実と比較してどの程度達成されているかという質問を答えるものです。

– 経済システム:現実と並行する経済システムです。参加者は仮想世界と現実世界の間で簡単に資産を移動させることができます。同時に、自分の資産を蓄積し、増やすためにその中に革新的なクリエイションがあることを頼りにすることも可能です。

2. アプリケーション

メタバースの発展によって、地理的な距離がぼやけて、デジタル世界における人間の存在感は高まっています。スポーツ、エンターテインメントから健康、教育、などまで様々な分野で適用されています。自宅にいながら、3Dモードでスポーツの試合を実スペースで視聴することができます。または、遠くまで出張することなく海外にいるパートナーとの会議に参加できます。もしくはゲームをして、実物そっくりの世界に浸ることです。

Play games with Virtual Reality

バーチャルリアリティでゲームを楽しむ。イメージ: oxii.vn

それは、現実の生活と並列に存在するデジタルな世界であり、現実の生活がまだ満たすことのできない価値を人々に体験させることできます。特に精神的な価値観に満足し、快適でハイテクな生活を目指します。

マーク・ザッカーバーグによると 「多くのメタバース体験は、ある体験から別の体験に移動する機能を持つ可能性があります」 。このように、ユーザーは異なる企業によって作成された仮想世界間を移動することができます。

3. メタバースで構築している企業

現在、各テクノロジー企業は、このテクノロジー時代に新しいトレンドをアップデートしようと競争しています。以下のような名前が挙げられます。

  • フェイスブック(メタ)(Facebook (Meta))
  • グーグル(Google)
  • マイクロソフト(Microsoft)
  • バイナンス(Binance)
  • テンセント(Tencent)
  • アマゾン(Amazon) 
  • Nvidia株式会社(Nvidia Corporation)
  • Unityソフトウエア(Unity Software)

そして、他の多くの企業もレースに参加し、メタバースの世界を踏み入れているのです。

III. メタバースは未来か、それとも単なる短期的なトレンドか

THE FUTURE OF THE METAVERSE

メタバースの未来。イメージ:nextmeet.live

メタバースはまだ最初のレンガを配置したばかりですが、これはほんの始まりに過ぎません。それだけにとどまりません。フェイスブック社の社名変更の決定と共にAV及びAR機器への投資することは近い将来にメタバースに不可欠なハードウェアのインフラを完了する準備ができていることを表します。これらはすべて、バーチャルユニバースの構築と発展における長期的なビジョンを反映したものです。

マイクロソフト社のブラッド・スミス社長 (Mr. Brad Smith) は「あなたが見ようとしているものは、フェイスブック(Facebook)、マイクロソフト(Microsoft)、アップル(Apple)、そしてグーグル(Google)のメタバースバージョンです。誰でもこのプラットフォームに参加することになるのです。」というように述べていました。

メタバースは、おそらく長期的な未来になります。しかし、まだいくつかの障壁があります。人々の生活に深く入り込んで発展するために時間がかかるし、巨大な技術インフラが必要です。

短期的なものか長期的なものかについて、様々な意見・見解があるようですが、私たちはメタバースが過去にインターネットが世界を変えたのように、未来の技術を変えていくものになると信じています。それは次世代のインターネットとなります。投資家または消費者の観点からかどうか未来を創るテクノロジー市場に参加したいですか?それとも、短期的なトレンドに過ぎないと思いますか?

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓