メタバースとブロックチェーン

Facebookが会社名をMetaに変更し、メタバースビジョンをサポートするエコシステムの開発に莫大なリソースを投資することを発表した後、メタバースは現時点で最もホットなキーワードになっています。それで、人間はメタバースに何ができるのか、そしてそれをサポートするためにどのような技術が必要なのか。

メタバースという用語は、1992年にSF小説Snow Crashで著者Neal Stephensenによって最初に言及されました。これは、人々がデジタルアバターを介して生活する仮想世界を表しています。メタバースには、オンラインとオフラインの人の経験の組み合わせ、継続性、デジタル所有権、自律性という4つの基本的な特性があります。人々は現実の世界でできることや体験できないことをデジタルの世界で無限の、ボーダレスな体験を望んでいます。

メタバースのいくつかの機能:

  • 持続可能性:サービスまたはその中のエコシステムを維持し、継続的に改善する能力。
  • 没入型:メタバースの現実性は、ユーザーエクスペリエンスをサポートするハードウェアおよびソフトウェアテクノロジーの開発によって決定されます。この機能は、メタバースでの私たちの経験のどれだけが現実に近づかれるかという質問に答えます。
  • オープン性:これは、メタバースによって参加者がいつでも接続または切断できることを意味します。同時に、それは創造性が無限になることを可能にするオープンスペースでなければなりません。
  • デジタル経済システム:現実と平行したシステム。このシステムでは、参加者は実世界とメタバースの間で個人の財産を簡単に転送できます。また、メタバースでの革新的な自分のイノベーションを利用して、実世界で財産を蓄積および増やすことができます。実環境とデジタル環境の間のこの変換と移動には、セキュリティとデジタルID認証のサポートテクノロジーが必須です。

図1:メタバースのレイア(ソース:https://t-rex.exchange/btc)

コロナのパンデミックは、個人や企業が従来の職場環境をデジタル環境に移すことを後押しすることに貢献しました。学校はまた、授業をオンラインにし、生徒の学習方法も変えられました。学生の学習法は以前ほど受動的ではなくなり、より積極的で多様なリソースからの学習が必要です。個人と組織のニーズを満たすためにデジタル空間でのプロセス、仕事、人、知識の認証をサポートするには、強力で高セキュリティのテクノロジーが必要です。それがブロックチェーンです。

ブロックチェーンは、メタバースでデジタルエコノミーを構築するのに役立つと期待されています。セキュリティ、不変性、および個々の自律性の尊重により、すべてのトランザクションを記録し、システム全体の透明性を確保するのに役立ちます。これは、Web3.0を構築するためのサポートテクノロジとも見なされます。

オンラインまたはオフラインの工程に参加した後に取得した医療記録、研究記録、証明書、学位など、ブロックチェーンを使用したデジタル空間での保管と認証ができることが一例である。医療記録、学業記録に関連する自分の履歴を認証することができ、どの医師と教師が関連するのか、そして証明書を与えたかを確認することができます。これにより、認証されたデジタルプロファイルが作成され、偽造して仕事に応募したり、自分の能力を証明したりすることはできません。それに、教師と医師は個々のプロファイルを使用して、自分の能力を証明することもできます。当然そこで開封許可を下すのはあなたです。

ブロックチェーンは、生産から保管、処理、流通、取引に至るまでの製品のトレーサビリティプロセスをサポートするために使用できます。製品の中間プロセスに関与するメーカーや企業に関するすべての情報はブロックチェーンに保存され、透明性を確保し、消費者が購入を決定する前に検討するのに十分な情報が得られます。これは、すべてのサプライチェーンビジネスと消費者に関係する信頼の問題を解決するのに役立ちます。

図2:サプラインチェーン管理システム(ソース:http://www.systra-tech.com/supply-chain-management/)

デジタル空間でのサービスの支払いは、従来のオンライン支払いプラットフォーム等を介してできるし、ブロックチェーンを使用してコストの低い暗号通貨を介して実行することもできます。暗号通貨を使用する場合、支払いは第三者が認証するのを待つ必要がないため、多くの時間を節約でき、したがって、トランザクションを行うためのコストを節約できます。トランザクションプロセスを自動化することで、第三者の参加を省けられます。

Web3.0とは何?ブロックチェーンの役割は?

図3:Web 3.0 (ソース:ttps://knowyourmeme.com/)

Web 3.0は、Web3とも呼ばれ、ユーザーが自分のデータが誰かに管理されることを気にせずに対話できる、ブロックチェーンを利用した分散型エコシステムを誇るワールドワイドウェブの進化した状態を指します。簡単に言えば、Web 3.0の時代には、検索エンジン、ソーシャルメディアプラットフォーム、マーケットプレイスなどがブロックチェーン上に構築され、暗号通貨によって促進され、無修正コンテンツやより包括的な支払いサービスなどの斬新な開発が生まれます。 Web 3.0に関連付けられている暗号通貨は、Web3.0トークンまたはWeb3.0暗号通貨と呼ばれます。理想的には、Web 3.0は、分散型インフラストラクチャのおかげでユーザーがデジタルコンテンツをより細かく制御できるようにし、トランザクションとアクセス許可の依存関係を中央機関からシフトすることを目的としています。これは、ユーザーがデジタルデータと価値をオンラインコミュニティに所有または持ち込んだときに、金銭的な見返りが得られるクリエーターエコノミーにとって有望です。初期のWeb3.0アプリケーションはいくつかありますが、Web 3.0の時代は、現在および将来のWebアプリケーションとWebサイトの大部分が分散型Webインフラストラクチャを採用した場合にのみ真の可能性に到達します。

*写真はインターネットから

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓