モバイルウォレットとは?知っておきたい基本知識

モバイルウォレットとは何でしょうか?概念について知らない人が多いのではないでしょうか。この記事ではその機能や有名なモバイルウォレットについて説明します。

1. モバイルウォレットとは

モバイル ウォレット

モバイルウォレット-出典:Daily Fintech

モバイルウォレットは、デビットカードやクレジットカードなどの支払いカードに関するすべての情報をモバイルに保存する仮想ウォレットです。 そのため、ユーザーは携帯電話で何かを購入したり、モバイルウォレットサービス対応のサービスで取引することができます。

2. モバイルウォレットのしくみ

テクノロジーの急速な発展により、買い手と売り手の間の取引はますますデジタル化しています。 eコマースプラットフォームからロボアドバイザー、スマートフォンに至るまで、企業は常にニーズを満たすため運用を考える必要があります。

特に金融業界における技術の開発は、フィンテック企業の目覚ましい発展にも大きな役割を果たしています。

フィンテック企業は、顧客にとって安価で使いやすいサービスとツールを数多く考案してきました。 そのうち、最も注目すべきは決済セグメントです。

スマートフォン、タブレット、スマートウォッチなどのモバイルテクノロジーに対応することで、企業はモバイルウォレット対応デバイスによる取引の機会をより多く得ることができます。

モバイルウォレットは、スマートフォンにインストールすることも、スマートフォンで利用可能な機能としてインストールすることもできます。 つまり、モバイルウォレットには、クレジットカード、デビットカード、クーポン、またはボーナスカードの情報が保存されます。 アプリがインストールされ、ユーザーが支払い情報を入力すると、ウォレットは、コードやキー、QRコード、さらには所有者の画像などの個人IDを、保存されている各カードに関連付けることで、それを保存します。

ユーザーが支払いを行うとき、モバイルアプリケーションはNFC(近距離無線通信)と呼ばれる技術を使用します。これは、磁気誘導を使用して、直接触れたり接近したりするときにデバイス間を接続する近距離無線通信技術です。

モバイルウォレットとは

NFCテクノロジー-出典:Gokeyless

NFCは、ユーザー用に作成された個人IDを使用して、支払い情報を販売者のPOSデバイスに送信します。 情報送信は通常、ユーザーがカードをスワイプするか、NFC対応のモバイルデバイスを使用してNFCリーダーに接続するとアクティブになります。

さらに、すべてのスマートフォンやモバイルデバイスにiPhoneを含むNFCテクノロジーが搭載されているわけではありません。 iPhoneユーザーの場合、店舗での支払いにモバイルウォレットを使用する方法は他にもあります。たとえば、PayPalでは、ユーザーはチェックアウト時に携帯電話番号を使用して支払いを行うことができます。 承認された取引では、電話番号をユーザーのPayPalアカウントに関連付ける必要があります。 PayPalは支払いに電話番号を使用しますが、他のモバイルウォレットは、スキャンして支払いを行うことができるQRコードを使用するLevelUPとしてユーザーを識別することができるさまざまな個人機能を適用します。

さらに、個人情報の盗難などのモバイルウォレットでは不正行為が発生しにくいです。 ユーザーのクレジットカードは簡単に盗まれたりコピーされたりする可能性がありますが、スマートフォンはパスワードや指紋チェックにアクセスできるため、そのように簡単ではありません。 また、スマートフォンのモバイルウォレットに暗号化キーが含まれている場合があります。

さらに、モバイルウォレットは、清算にかかる時間を削減するのに役立つため、毎日大量の清算を行う小売業者にも役立ちます。 顧客と企業の両方にとってメリットがあります。

3. デジタルウォレットとモバイルウォレット比較

モバイルウォレット 種類

デジタルウォレットとモバイルウォレットの違い-出典:Peerbits

モバイルウォレットとデジタルウォレット間で相互に交換できますが、支払い方法は異なります。

モバイルウォレットは主にオンライン決済に使用されます。 また、モバイルウォレットは、財布を持ちたくない人が使用するため、支払いにはスマホが必要です。

PayPalを例にとると、PayPalアカウントは通常、デジタルウォレットの一種ですが、電話やモバイルデバイスを使用した決済サービスで使用する場合、その機能はモバイルウォレットとなります。 これで、モバイルウォレットとデジタルウォレットの違いを理解できたのではないでしょうか。ただし、使用する場合は少し違いがあります。

4.1. Apple Pay

モバイルウォレット おすすめ

Apple Pay-出典:9to5marc

これは、AppleがリリースしたNFCベースのモバイル決済機能です。 決済サービスは、店舗の決済機でNFC経由で行うことができます。 また、ユーザーはiPhoneをNFC経由で使用し、TouchIDまたはFaceIDを使用してトランザクションを完了します。これにより、ユーザーの情報が漏洩するのを防ぐことができます。 また、ユーザーはクレジットカード情報を追加すると、すべてがウォレットに保存されます。

4.2. Samsung Pay

モバイルウォレット 比較

サムスンウォレット-出典:XDA開発者

Samsung Payは、Samsungが独自開発したサービスです。 Apple Payと同様に支払いサービスですが、SamsungがLoopayからMagnetic Secure Transmissionを買収したため、NFCだけでなく磁気カードマシンでの支払いをサポートしました。 これが、SamsungPayがさまざまな店舗で使用できる理由です。

4.3. Android Pay

モバイルウォレット アプリ

Androidの支払い-出典:モバイルワールドライブ

Android Payは、将来的にGooglePayに代わる決済サービスです。 オープンプラットフォームの場合、Apple Payよりも多くのデバイスで利用できます。つまり、Android Payを使用するには、スマートフォンにNFCチップが必要であり、上記のAndroid4.4がインストールされている必要があります。 

以上でモバイルウォレットの知識を共有しました。 さらに、BAPはビッグデータ、AI、Webサービスなど、他のテクノロジーについても深い知識を持っています。毎週更新される記事を是非チェックしてください。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓