Society5.0ーIT化した次世代の社会構想

Society5.0とは、日本政府や各国の政府機関などが提唱する高度にIT化された新たな社会を指す言葉です。Society5.0というキーワードを掲げることで、IoT端末によって取得されるビッグデータを活用し、よりスマートな社会を実現してゆく試みが全世界でなされています。この記事では、様々な知識や情報が共有される社会で、新たな価値を生み出し、現状の社会的な課題を克服していくためのビジョンを知ることができます。

society5.0

1.Society5.0とは (ソサエティ5.0/ソサエティー5.0)

Society5.0とは、日本政府や各国の政府機関などが提唱している、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すものです。現在のSociety 4.0では知識や情報が不十分なところもあり、横断的な連携が困難となる問題がありました。人間がたくさんの情報から最適な回答を見つけることの負担、年齢や身体的・経済的な障害などによる行動に制約がありました。また、日本や韓国、中国では、少子高齢化や地方と都市部の格差などの課題に対して様々な制約があり、十分に対応することが困難でした。

そこで、Society5.0ではIoT(Internet of Things)で全ての人間と物がつながることで、様々な知識や情報が共有される社会が生み出され、新たな価値を生み出すことが期待され、現状の課題を克服していく社会が描かれる見込みです。

2. Industry4.0 Society5.0

また、Society5.0と共によく使われる言葉に、Industry4.0 と言うものがあります。Industry4.0 では、工場や商品流通など産業の面で、IoT化、効率化を進め「スマートファクトリーの実現」を達成するという点で、Society5.0との関連性が高いです。

3. Society 5.0 の仕組み

society5.0 とは

Society 5.0は、リアルとバーチャルな世界を融合させたシステムにより実現します。現在のSociety 4.0では、人間がバーチャル世界にあるクラウドサービス(データベース)にインターネットを経由してアクセスして、情報やデータを入手し、分析を行っています。

一方で、Society 5.0では、リアルな世界をスマートスピーカーやセンサーといった機器などから膨大な情報をバーチャルな世界に集積し、ビッグデータとします。これらデータをAI(人工知能)が解析し、その解析結果をリアルな世界フィードバックさせます。これにより、人間が解析できる範囲を超えた解析が可能となり、新たな価値が生まれてくることが期待できます。

4. 適応される主な事象

経済的、社会的な課題全般に適応される見込みです。

①経済的な課題

  • エネルギー需要増加への対処
  • 食料の需要増加への対処
  • 寿命延伸、高齢化への対処
  • 国際的な競争力激化への対処
  • 富の集中や地域間の不平等への対処

②社会的な課題

  • 温室効果ガス排出削減
  • 食料の増産やフードロスの削減
  • 社会コストの抑制
  • 持続可能な産業化
  • 富の再分配や地域間の格差是正

5. Society 5.0 問題点

society5.0 問題点

日本では、政府がSociety5.0の実現をスローガンに掲げていますが、IT機器の扱いにそれほど慣れていない世代の多い日本では、従来の社会生活に溶け込む形で製品を開発してゆくという課題があります。加えて、これまでは日常生活で取得されることのなかった非常に多くのデータが、今後は非常に多くの場面で取得され、活用されてゆくことになります。多くの企業が、誰が、いつ、どこにいるといったプライベートな情報を取り扱うことになるので、これまで以上に個人情報の取り扱いに気を配ってゆく必要があります。

6. BAPとSociety5.0

今回の記事では、Society5.0とは何か、どのように社会が変わってゆくのかという点を簡単にまとめました。
BAPでは、Society5.0実現へ向けて、AI、IoT、ブロックチェーンという技術分野へ注力し、社会的な意義、貢献活動を行っている皆様へのご支援を実施してきます。ご興味ある方は、お問い合わせよりご連絡ください。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓