クロスプラットフォーム開発とは何ですか?なぜ企業はクロスプラットフォームアプリケーションを開発する必要がありますか?

情報技術とモバイルデバイスの発展に伴い、マルチプラットフォームソフトウェアの開発はますます必要になっています。これは単なる多くのオペレーティングシステムと互換性があるだけでなく、クロスプラットフォーム開発は優れたユーザーエクスペリエンスを提供します。クロスプラットフォーム開発の概要を得て、なぜ企業がクロスプラットフォームアプリケーションを開発する必要があるかを理解しましょう。以下の内容を読んでみましょう。

1. クロスプラットフォーム開発とは?

What is Cross Platform?

クロスプラットフォーム開発は、どんなプラットフォームやオペレーティングシステムでも動作するアプリケーションを作成するものです。出典:appfutura.com

クロスプラットフォームアプリケーションは、さまざまなプラットフォームで動作するように開発されたアプリケーションの一種です。このアプリケーションはiOSやAndroidなど多くのオペレーティングシステムと互換性があります。

クロスプラットフォーム開発では、プログラマーが単一のコードシステムを使用して異なるプラットフォームで実行できるソフトウェアを構築します。これにより、技術企業は新しいアプリケーションをより迅速かつ高品質にリリースできます。

2. クロスプラットフォーム開発の利点と欠点

Advantages and Disadvantages of Cross-platform Development

クロスプラットフォーム開発は開発者に多くの利点をもたらします。出典:apptraitsolutions.com

2.1. 利点:

  • 顧客に簡単にアクセス:

マルチプラットフォームソフトウェアは多くの異なるプラットフォームとデバイスと互換性があるため、ユーザーに人気があり、広範に利用され、ビジネスが顧客に簡単かつ迅速にアクセスするのに役立ちます。

  • 時間とコストを節約:

クロスプラットフォーム開発の製品は、複数のプラットフォームと互換性があるアプリケーションです。各プラットフォームと互換性がある複数のアプリケーションを作成するために時間と労力を費やす代わりに、プログラマーは一度コードを書き、複数のプラットフォームのユーザーのニーズを満たす単一のアプリケーションを作成しました。

  • 同期を持つアプリケーションを作成:

クロスプラットフォームアプリケーションは多くのデバイスと異なるオペレーティングシステムでよく使用されるため、その同期機能も開発者によって強調されています。クロスプラットフォームアプリケーションをインストールしたユーザーはデータを手動で更新する必要はありません。すべてのプラットフォームでデータを同期させるのに数秒しかかかりません。

これはユーザーに便利さをもたらすだけでなく、使用中のアプリケーションの管理とアップグレードプロセスをサポートします。

  • 高度な開発技術:

クロスプラットフォームアプリケーションは、ユーザーエクスペリエンスの品質を向上させるための先進的なプログラミング技術を使用しています。これは、他の種類のアプリケーションと比較してクロスプラットフォームアプリケーションのプラスポイントの一つです。クロスプラットフォーム開発は、滑らかな多目的アプリケーションを作成する新しいソフトウェア開発のトレンドと考えられています。

2.2. デメリット:

上記の利点に加えて、クロスプラットフォームの開発にはいくつかのデメリットもあります。例えば:

  • 柔軟性の制限:

クロスプラットフォームの開発の最初のデメリットは、柔軟性の低いアプリケーションを作成するという点です。クロスプラットフォームのアプリケーションは同時に多くのプラットフォームを満たす必要があり、そのため、特定のプラットフォーム向けのアプリケーションと比較して、ある程度の制約が生じます。

  • ソフトウェアの品質が低い:

通常、クロスプラットフォームの開発技術を使用すると、作成された製品は専門のアプリケーションと比較して品質が低いことがあります。これは、異なるユーザーインターフェース、異なるツールと言語、プラットフォームのレイアウトとの互換性など、プログラミングプロセスを決定する多くの要因が影響しています。ただし、現代の先進技術により、これはもはや大きな障害ではありません。

3. なぜ企業はクロスプラットフォームのアプリケーションを開発する必要がありますか?

Why do businesses need to develop cross-platform applications?

クロスプラットフォーム開発は、企業がソフトウェアを構築する際のコスト、時間、労力を削減するのに役立ちます。出典: cashflowinventory.com

企業はクロスプラットフォームのアプリケーションを開発する必要があるのは、それが多くの重要な利点をもたらすからです。以下は、企業がこのソフトウェア技術をすぐに採用すべき理由のいくつかです。

  • コスト削減:

クロスプラットフォーム開発がもたらす最大の利点は、ソフトウェアを構築するための時間とコストを削減することです。反復的なタスクの排除は、プログラマにとってだけでなく、企業の生産コストも削減します。

  • コードの再利用が可能:

クロスプラットフォームのアプリケーション開発の第二の利点は、開発者が各種ソフトウェアおよび各種オペレーティングシステムごとに別々のコードを書かなくても済むという点です。クロスプラットフォームのアプリケーション開発の製品は、「一度書いて何度も実行する」コードを使用するソフトウェアです。

  • エラーが簡単に修正できる:

現在、eコマースが成長しているため、アプリケーションも定期的に更新する必要があります。したがって、クロスプラットフォームのアプリケーションを使用することで、コードを修正して簡単に更新することが容易になります。

  • より迅速なソフトウェア開発:

クロスプラットフォーム開発は、さまざまな種類のアプリケーションを作成するプロセスを簡素化します。開発者は利用可能なフレームワークを使用して、さまざまなアプリケーションを作成するためのプラグインにアクセスできます。これにより、ソフトウェアの構築時間が短縮され、コストが削減され、開発者の作業圧力が軽減されます。

4. 5つのクロスプラットフォームアプリケーション開発フレームワークは何ですか?

4.1. Ionic Framework

Ionic Framework

Ionicは現在最も一般的に使用されているクロスプラットフォーム開発フレームワークです。出典: ionicframework.com

Ionicは、HTML、CSS、およびJavaScriptなどの構文とコンポーネントのライブラリを提供し、クロスプラットフォームのアプリケーション開発をサポートします。 Ionicの特筆すべき機能は、アプリの速度とパフォーマンスを向上させるハードウェアトランジションです。

Ionicはプログラマーがすべてのオペレーティングシステムに対して柔軟なユーザーインターフェースを作成し、目を引くテーマを選択し、フォームコントロールを作成することができます。

4.2. React Native

React Nativeは、Facebookによって2015年に導入されたフレームワークです。 React Nativeは、クロスプラットフォームアプリケーションやハイブリッドアプリケーション(ネイティブアプリとWebアプリの機能を組み合わせたアプリケーション)を構築するのに適しています。

このフレームワークはReact JavaScriptライブラリに基づいており、Java、Swift、Cなど多くのプログラミング言語をサポートしています。 React Nativeはネイティブなインターフェースを表示し、再利用可能なコードを提供し、多くの機能を備え、使いやすいです。

4.3. Flutter

FlutterはGoogleが所有し、AndroidおよびiOSオペレーティングシステム向けにネイティブインターフェースを開発するために設計された開発フレームワークです。世界中の開発者がこのフレームワークを使用しています。既存のコードで動作するだけでなく、2Dレンダリングツールを適用して画像を作成できます。

4.4. Xamarin

Xamarinは、iOSおよびAndroidを含む任意のモバイルプラットフォームでスムーズに動作するクロスプラットフォームアプリケーションを開発するために使用される人気のあるフレームワークです。 XamarinはMicrosoftのC#および.NETプログラミング言語を使用しています。

Xamarinは統合開発環境(IDE)と多くの他のソフトウェア開発ツールキットを提供しています。

4.5. Sencha

Sencha

Senchaフレームワークを使用すると、開発者は100以上のUIコンポーネントが提供されます。出典: moduscreate.com

Senchaを使用してクロスプラットフォームアプリケーションを開発すると、プログラマーは最もモダンなJavaおよびJavaScriptフレームワークを簡単に取得できます。

Senchaは開発者に100以上の完全にテストされ、サポートされるUIコンポーネントを提供し、必要な機能を統合します。そのため、これはクロスプラットフォームアプリケーション開発に最も適した開発フレームワークと考えられます。

SenchaはiOS、Ext JS、Ext Angularなどで再利用可能なテーマも提供しています。

結論

クロスプラットフォーム開発は、多くの利点をもたらすクロスプラットフォームアプリケーションの開発プロセスです。クロスプラットフォームアプリケーションを作成するために、プログラマーは通常、最高品質のフレームワークを使用します。上記の分析を通じて、おそらく貴社はマルチプラットフォームソフトウェアを適用する際に適切な決定を行うことでしょう。

ソフトウェア開発サービスに関する助言が必要な場合は、最高のテクノロジーサービスサポートを提供するBAP Softwareにお問い合わせいただければと思います。