DeFiとは?分散型金融の概要 

世界は常に変化しており、それは金融市場も同じです。常にトレンドが登場し、投資家の関心を集めています。DeFiは2020年からの顕著なトレンドの一つで、特に暗号の世界では注目されています。その熱は徐々に冷めましたが、あらゆる分野への活用と人気はより発展しています。分散型金融が気になる方は、こちらの記事をお見逃しなく!

1. DeFiとは?

DeFiという言葉は、2018年8月以降、イーサリアムの起業家と開発者の会話の中で、イーサリアムブロックチェーン上にオープン金融に基づくアプリケーションをどうのように構築するかが主な論点となって登場したと考えられています。

DeFiは、Decentralized Finance(分散型金融)の略です。ブロックチェーン上に構築された金融アプリケーションのエコシステムであります。

What is DeFi

DeFiとは – イメージ:cryptosiam.com

DeFiは、CeFiモデルの限界を克服することを目的に誕生しました。DeFiの運用は、CeFiのように第三者を介して処理されるのではなく、スマートコントラクト上で行われます。スマートコントラクトとは、仲介者を介さずに特定のルールに従って自動的に実行される契約のことです。インターネットに接続できる環境であれば、誰でもアクセスすることができます。

DeFiとCeFiの違いについて、詳しくはこちらです: DeFiとCeFiの違いを調べます

2. メリットとデメリット

2.1. メリット

非信託的であること。DeFiは、銀行や政府などの仲介者を排除します。誰でも金融商品・サービスを利用することができ、どこかの組織の認可や規制を受ける必要がありません。時間や場所の制約を受けず、いつでもどこでも取引ができます。

透明性。ユーザーは自分の資産の状況を把握することができます。すべての活動はシステム上で公開されます。

低コスト。第三者を介したコストが削減されるため、中央集権的な金融を利用する場合よりもコストが低くなります。

Advantages of DeFi

DeFiのメリット – イメージ: cryptosiam.com

2.2. デメリット

合法性。DeFiは広く利用されていますが、世界にはまだ暗号通貨を合法としない国がたくさんあります。何か紛争があったとしても、それを解決する組織がないことになります。

流動性。DeFiの流動性は、従来の金融システムほど大きくはないです。

さらに、DeFiのサービスは暗号資産と結びついています。これはフィアットを使うのとは違うので、ユーザーがDeFiの連絡を取りや使い方を理解するのに時間が必要です。

3. 可能性とリスク

3.1. 可能性

DeFiは、CeFiと並行して「プレイグラウンド」として運営・発展しています。多くの投資家が、組織に依存することなく、自分自身で個人の資金を管理するために、DeFiを利用しています。

DeFi's potential

DeFiの可能性 – イメージ:icoviet.com

DeFiは、金融業界に革命を起こし、オープン金融に参入するための舞台を整える可能性を秘めています。DeFiの可能性については、今後の長期的なトレンドをポジティブに捉えるコメントが多く寄せられています。

センター(USDコインの運営会社)のCEOであるDavid Puth氏は、「Defiは今でも地位を占め、初期段階から力強く成長している。そしてもちろん、金融界は今後、Defiの驚くべき可能性を無視することはできないでしょう。

」と述べました。

3.2. リスク

DeFiを拡大・成長させるための障壁の1つは、正統性です。DeFiがすべての国で法的認知を得ることは容易ではありません。例えば、中国は暗号関連の取引をすべて禁止しています。

ハッカーがDeFiの脆弱性を探して侵入してくるなど、DeFiには多くのチャンスと同時に、潜在的なリスクもまだあります。その上、暗号通貨市場も常に不安定で、ユーザーの投資に影響を及ぼしています。

Risks of DeFi

DeFiのリスク – イメージ:thanhnien.vn

4. DeFiのアプリケーション例

分散型取引所(DEX)

ユーザーが仲介者を介さずにデジタル資産を取引できる取引所です。スマートコントラクトを利用して、ユーザーのウォレット間で直接取引が行われます。

分散型保険

暗号ウォレット保険、スマートコントラクト保険、ローン保険などがあります。これらのタイプの保険は、起こりうる技術的・金銭的なリスクに対してユーザーの安全を確保するのに役立ちます。また、送金、処理、支払いのプロセスをより安全で透明性の高いものにします。

デリバティブ

デリバティブは、原資産の変動に価値が依存する分散型取引の名称です。この資産は、トークンや暗号通貨であることがあります。ユーザーは、暗号通貨を直接所有したり購入したりするのではなく、暗号通貨の価格に基づいて互いに取引することになります。DeFiでのデリバティブ取引は、価格変動のリスクを軽減するのに役立ちます。

Decentralized derivatives

分散型デリバティブ – イメージ:cryptoleakvn.com

ステーブルコイン

ステーブルコインは、安定した資産(通貨、金、銀、商品、または別のデジタル通貨など)に価値を付けることで、価格変動の影響を最小限に抑えるために作られた暗号通貨です。その資産が安定した価値を保っている限り、ユーザーの暗号通貨の価値も安定するのです。

DeFiに関する情報について、この記事で「DeFiとは?」という概要が理解できれば幸いです。分散型金融は開発・完成に時間がかかります。DeFiがもたらすメリットを考えると、将来的に中央集権的な金融を完全に置き換えることができるのか、まだ答えは出ていません。開発者たちは、まだ既存の問題を解決しようとしているところです。だから、DeFiの可能性はとても大きいので、私たちはまだ明るい未来を期待することができるのです。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓