(日本語) VR会議システムとは?社内用VR会議プラットフォームを構築すべき理由

Rất tiếc, mục này chỉ tồn tại ở Tiếng NhậtTiếng Anh (Mỹ). For the sake of viewer convenience, the content is shown below in this site default language. You may click one of the links to switch the site language to another available language.

VRはビジネス向けの新しいテクノロジーとして登場し、PGiによるとVR市場は2018年までに4億700万ドルに達すると予測されました。新型コロナウイルスが広がった後、企業はオフィスに出勤しない働き方をサポートするVR会議のような社内用VRプラットフォームの構築について考えるべきです。

しかし、信頼できる情報は少ないため構築できるパートナーを見つけることはそう簡単ではありません。この記事ではVR会議システムがどのように役立つのかを紹介します。

1. VR会議システムとは?

vr会議

出典: Lookback

VR会議システム(バーチャルリアリティ会議システムは、簡単に言うとVR会議室に参加して互いに話しているように見える仮想空間を介した会議用のサービスです。VR-バーチャルリアリティ技術が可能にした最新のアプリケーションです。

VR会議システムはWeb会議、電話会議、ビデオ会議など、市場に出回っているツールよりもリアルな体験を実現してくれるでしょう。なぜなら、VRではコミュニケーションにおいて重要なジェスチャーや表情を見ることができるからです。

2. VR会議のメリットとデメリット

VR技術の流行により、多くの企業が成功しました。VR会議のメリットは以下の通りです:

  • 予算の節約 ‐  現実のイメージを持つバーチャルリアリティを通じて集まることができるので、予算を節約できます。
  • スペース拡大 ‐ 会議では世界中の人々をつなぐことができます。例えば、VR会議室を作成して世界中のどこにいても現実世界のように話し合うことができます。
  • 集中力の維持 – VR会議では外部の情報を遮断しVR内の環境に集中することができます。
  • 時間管理 – 一時的に席を外したい場合、時間をうまく調整することができます。ヘッドセットの着脱だけでVR会議室へ出席・退席ができます。
  • コスト削減 – 実際に現地へ訪問する必要がないため、出張にかかるホテル代や交通費などの費用を節約できます。
  • 高いセキュリティ – 社内のチームによって機密情報のセキュリティ管理ができる為、VR会議システムを介して自由にアイデアを共有できます
  • 環境保護 – 出張に伴う自動車の運転の機会が減ることにより、二酸化炭素排出量が削減され、環境保護に貢献できます。

しかし、VR会議システムはデメリットもあります:

  • デバイスが必要 – これはVR会議システムの最初の課題です。現状、会議に参加する全員がヘッドセットを装備する必要があります。ヘッドセットの中には高価なものもあります。
  • ネットワークが必要 – VR会議に参加する場合、wifiまたは3G、4G、5Gなどに接続できる環境が必要です。
  • 充電が必要 – ヘッドセットのバッテリー持続時間は1時間半~2時間程度です。
  • 不快感 – ヘッドセットの着用に慣れる為の時間が必要です。
  • VR酔い – VR体験中、人によっては乗り物酔いのような症状を感じる場合があります。

このように、長所と短所がありますが、VR技術は日々進化し、広がっています。

3. VR会議とオンライン会議の比較

vr 会議システム

出典: Lookback

では、VR会議は一般的なオンライン会議と比較してどんな違いがあるのでしょうか?

VR会議システムが優れている理由:  

  • 出席者の存在感がより強い – オンライン会議よりも同じ空間にいることを感じられます。
  • よりリアルな反応 – 参加者は一度で互いに話ができ、オンライン会議のように会議を中断させることなく、隣に座っている人と話すことができます。
  • 妨害が少ない – 全員がヘッドセットを着用するため、会議中は画面に集中することができます。
  • リアルなアクション – 現実の行動と同じように、ホワイトボードを使用して何かを書くこともできます。また、集合写真や自撮り、ゲームをすることも可能であり、多くの点で通常のオンライン会議よりも優れています。

VR会議がオンライン会議よりも優れている点を理解できましたか?将来的に、VRは仕事から個人の生活まで、私たちの社会により密接に関わっていくでしょう。

4. ビジネス向けVR会議アプリ

4.1  NEUTRANS BIZ

vr会議室

出典: Steampowered

これはスタートアップテクノロジーを用いたビジネスにとって非常に一般的なアプリケーションです。 このアプリを使用すると、VR空間に同時に参加し、会議でブレインストーミングを行って視覚的にデータを見ることができます。

また、ホワイトボードを活用してアイデアを作成したり、VRルームで時計を実世界と同じように使用したりできます。 または、必要に応じて3DCGやCADなどの種類のデータを共有することもできます。

利用可能デバイス: Oculus Rift、HTC Vive、Windows Mixed Reality

尚、本アプリのベータ版の提供は終了しています。公式サイトから価格を確認してください。

4.2  Rumii

vr会議 アプリ

出典: Youtube

こちらも有名なビジネス向けVR会議アプリです。シアトルのIT企業であるDoghead Simulationsによって開発されました。

ホワイトボード、画面共有、3Dモデルなどのさまざまな機能が含まれており、ユーザーはアバター、会議スペースを好きなようにカスタマイズできます。

その他オプション機能を使用する場合は、月額14.99USDを支払う必要があります。他のアプリと比較してもそこまで高額ではありません。

利用可能デバイス: PC VR, HTC Vive, Oculus Rift, Window Mixed Reality, PC, Android OS, Mac OS.

4.3 VIVE Sync

vr会議 メリット

出典: Opto Crypto

これは、2019年11月8日にHTCによって開発されたVR会議、会議アプリケーションです。

このアプリには以下の注目すべきポイントがあります:

  • セキュリティ – このアプリのVR会議空間を利用するとき、VIVE Syncが内部システムに統合されて制御されるため、スタッフは自由に情報を共有できます。 さらに、企業は必要に応じてシステムを設計およびカスタマイズすることもできます。
  • 簡単に使える – このアプリの利用は難しくありません。Office 365と統合できるため、すべての参加者と電子メールで情報を共有できます。 参加者がVIVEのQRコードをスキャンするだけで会議に参加できます。
  • さまざまな機能 – スクリーンショットや録画を撮ることができるため、VR会議の情報を現実世界にアウトプットすることができます。
  • 参加者のキャパシティ – このプラットフォームのVR会議では最大20人が同時に参加できます。また、VR空間で3Dモデルに触れることもできます。

5. VR会議の開発にBAPがパートナーとして最適な理由

5.1  VR会議アプリ – BAPの実績

vr コミュニケーション

BAPはパートナーとしてVR会議アプリを開発した実績があります。弊社が構築した基本的な機能を紹介します:

  • エンドユーザーは、現実の世界のように誰かと一緒に座って同じコンテンツを視聴したり、VR空間で物事に触れたりすることさえできます。
  • このアプリでは、エンドユーザーはアバター選択の際に髪型や目の色など、自分の好きなスタイルにカスタマイズすることができます。
  • スライドやホワイトボードを活用した会議に参加したり、イベントを開催することができます。
  • 参加者は現実世界のようにディスカッションすることができます。

上記で紹介したのはVR実績の一部です。このプロジェクトではアプリをより良くするためにアイデアを提案し、要件に基づいて適用が必要なテクノロジーを推奨しました。

5.2 プロジェクトの速さ 

私たちはパイオニアとして、多くのお客様の成功を支援しています。お客様には特にプロジェクトの完成速度を評価いただいてます。

例えば、通常4ヶ月かかるVR会議プロジェクトがあった場合、私たちは半分の期間で完成させることができます。

VRテクノロジーはVR会議システムなど多くのアプリケーションで役立ちますが、少なからず欠点はあります。それでも、VRは将来人気のテクノロジーになることは間違いありません。

BAPは御社のパートナーとしてVR開発をアイデアの段階からサポートし、AI、ブロックチェーン、ビッグデータ、Webサービスなど、適用すべきテクノロジーをお客様に推奨することができます。もし、私たちにお手伝いできることがある場合、以下までお問い合わせください。

BAP Assistant x

  • BAP

    Chúng tôi rất hân hạnh được giải đáp mọi thắc mắc về dịch vụ phát triển Offshore tại BAP. Vui lòng chọn thông tin bạn muốn tìm hiểu:

    Lo ngại về giao tiếp, chẳng hạn như không thể truyền đạt chi tiết yêu cầu. Có vấn đề khó khăn trong giao tiếp bằng tiếng Nhật không?
    Không chỉ là Phát triển , tôi có yêu cầu về bảo trì sau khi hệ thống đi vào vận hành có được không?
    Việc phát triển offshore tôi thường quan tâm đến chất lượng dịch vụ. Có thể đảm bảo chất lượng không?
    Tôi chưa có kinh nghiệm phát triển offshore. Khi đưa ra yêu cầu, thông thường chúng tôi cần chuẩn bị thể chế và tài liệu nào?
    Tôi đang nghĩ đến việc yêu cầu offshore phát triển hệ thống nghiệp vụ. Bên công ty có thể hiểu được đặt tả về nghiệp vụ phức tạp không?
    Chúng tôi có thể tham quan công ty nơi mà trực tiếp phát triển phần mềm không?
    Tôi muốn tiến hành nghiên cứu AI. Tôi có thể yêu cầu không?
    Hãy cho chúng tôi biết thể chế phát triển và khả năng về kỹ thuật của công ty.
    Đảm bảo chất lượng của bạn như thế nào?
    Công ty làm gì để giữ đúng thời hạn giao hàng của dự án?
    Thời gian thanh toán có thuận tiện cho khách hàng không?
    Việc nghiệm thu được thực hiện như thế nào?
    Nếu có phát sinh trường hợp cần đối ứng khẩn cấp, thể chế đối ứng như thế nào?
    20/02 10:36 ✓