マルチシグとは?知っておくべき基本事項

マルチシグは、仮想通貨市場での取引にセキュリティ面でさまざまな利点をもたらしますが、多くの人々はこのプラットフォームについてあまり知りません。 そのため、この記事では、マルチシグの概要、長所と短所、その仕組み、マルチシグ対応ウォレットをインストールできる取引所について説明します。

1. マルチシグとは?

マルチシグ

マルチシグの定義-出典:Medium

マルチシグウォレットの「マルチシグ」はマルチシグニチャー(Multisignature)の略であり、トランザクション署名に複数の秘密鍵を必要とする技術です。

秘密鍵が1つしかないシングルシグと比較すると、マルチシグには、セキュリティレベルが高く、秘密鍵を紛失した場合の取り扱いが簡単であるなどの利点があります。 マルチシグ技術は取引所やウォレットに使用されます。

2. マルチシグのメリットとデメリット

マルチシグの大きな利点は、秘密鍵を紛失した場合のセキュリティとリスク管理が強化されることです。 しかし、知っておくべき欠点もあります。

2.1.マルチシグのメリット

  • セキュリティレベルが高い: 1つの秘密鍵情報がハッキングされて漏洩したとしても、アカウントに2以上の祖h名が必要な場合は資産を失うことはありません。
  • 汚職リスク: 会社または取引所では、会計士がすべてを管理する全責任を負います。そのため、場合によっては、汚職が発生する機会があります。 Multisigを作成する場合は、汚職のリスクを減らすことができます。
  • 秘密鍵紛失のリスク: トランザクションウォレットに入力するために使用される鍵を紛失した場合、内部のお金を操作することができません。しかし、マルチシグの「2-of-3」を設定すると3つの公開鍵のうち2つの署名があればアクセスできます。1つの秘密鍵を紛失してもお金を操作することができます。あた、すべての鍵を紛失した場合はお金を受けとることができなくなることを覚えておいてください。

2.2. マルチシグのデメリット

  • セットアップに時間がかかる: マルチシグを「2of 3」で設定するには、3つの公開鍵を収集し、それぞれの秘密鍵を作成し、場合によっては別々の場所に保管する必要があるため、時間がかかります。多くの公開鍵を登録すると、多くの秘密鍵が設定されます。このようにセキュリティを強化したい場合は、Multisigウォレットで多くの手順を実行する必要があります。DNSを使用してアドレスを簡素化し、設定プロセスを減らすことができます。
  • サービス料がかかる: 通常のシングルシグと比較すると、複数の秘密鍵を使用する複雑な機能であるため、送金するためには追加のサービス料金がかかります。
  • 取引所のセキュリティ上の欠陥に対処できない: 仮想通貨取引を行うときは、ウォレット(電子ウォレット)が必要です。 ユーザーは取引所にウォレットを預けて取引を行います。 ただし、ユーザーは電子財布を直接管理することはできません。 つまり、セキュリティで保護された取引所が弱いと、秘密鍵が漏洩する可能性があり、取引所の管理方法に対応できなくなります。 さらに、取引所がマルチシグをサポートしている場合でも、セキュリティが絶対的であるかどうかは定かではないため、「どの取引所でも秘密鍵を保持しない」ことでリスクを分散させる必要があります。

3. マルチシグ仕組み

マルチシグ とは

Multisigはどのように機能しますか? -出典:Bitcoin wiki

2つのロックと2つのキーを備えた貸金庫をイメージしてください。 1つの鍵はあなたが持っており、もう1つはあなたの母親が持っています。 箱を開ける唯一の方法は、両方の鍵を同時に持つことです。そのため、一方の人が他方の同意なしに箱を開けることはできません。

基本的に、資産は2つ以上の署名を使用してのみアクセスできるマルチ署名アドレスに保存されます。 したがって、マルチシグニチャウォレットを使用すると、ユーザーはセキュリティをさらに強化できます。

これがマルチシグの仕組みであり、ユーザーはイーサリアム、ビットコイン、リップルなどの仮想通貨に参加するときの選択肢に含めることができます。次に、マルチシグをサポートする約3つのプラットフォームを紹介します。

4. マルチシグ対応の電子ウォレット

4.1. ELECTRUM wallet

マルチシグ 仕組み

Electrum wallet – 出典: tokenhell

これは、マルチシグとコールドウォレットを備えているPCでビットコインを管理するためのウォレットであり、より高いセキュリティを確保します。 ただし、モバイルをサポートしていません。

ELECTRUMでマルチシグウォレットを作成する方法は?

  • まずELECTRUMをインストールします。
  • 次に、ウォレット名をdefault walletから好きな名前に変更します。
  • PCでマルチシグウォレットを選択します。
  • 秘密鍵を作成し、必要な鍵の数を選択します。
  • 公開鍵を登録します。
  • 共同署名者のプライマリ公開鍵を入力して終了します。

これは、ELECTRUMプラットフォームを使用する際にマルチシグを生成するためのステップです。

4.2. Copay

マルチシグ コールドウォレット

Copay wallet platform – 出典: Heronyang

Copayを使用している場合は、ビットコイン用のマルチシグウォレットを簡単にセットアップできます。これは、モバイルとPCの両方をサポートします。

Copayでマルチシグアドレスを作る方法

  • まず、Copayをダウンロードします。
  • 次に「add wallet」>「add new wallet」を選択します。
  • 「shared wallet」を選択します。
  • 登録された公開鍵と必然的に秘密鍵の必要な数を選択します。 他人の公開鍵を使用する場合は、表示されているQRコードを送信してその人に読んでもらいましょう。
  • 「join the shared wallet」をクリックします。
  • 使用する公開鍵をクリックします。
  • 最後に「join」をクリックして完了です。

4.3. Nano wallet

Nano wallet Multisig

Nano wallet – 出典: Medium

Nanoウォレットを使用している場合は、NEM用にマルチシグウォレットを設定できます。これは、モバイルとPCで利用できます。

Nano walletでマルチシグをインストールする方法

  • Nano walletで新しいウォレットを作成してログインします。
  • 「Change to Multisig」をクリックします。
  • 公開鍵を入力して登録します。
  • トランザクションを実行して完了するための秘密鍵の数を入力します。

結論として、これは、署名の数の増加によってトランザクションを安全におこなうマルチシグの情報です。 いくつかの欠点もありますが、近い将来、取引所でマルチシグがさらに適用されていくでしょう。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓