ウェブウォレットとは?おさえておきたいすべてのこと

仮想通貨取引所ではしばしばコインの盗難が発生しているため、資産を安全に保管するための情報は常に求められています。この記事ではウォレットを探している方に向けて、仮想通貨を管理し交換するプラットフォームであるウェブウォレットを紹介します。

1. ウェブウォレットとは?

ウェブウォレット

ウェブウォレット – 出典: WDRfree

ウェブウォレットは、ウェブサイト上の仮想通貨の管理方法のひとつです。このウォレットと他のウォレットの違いは、資産がWebサイトで管理されるため、Webサイトにサインアップする必要があることです。 さらに、他のウォレットプラットフォームと同様に、Webウォレットはログイン、パスワード、クレジットカードなどによって制御されます。

次に、ユーザーがウォレットを使用する際のメリットとデメリットについて説明します。

2. ウェブウォレットのメリットとデメリット

2.1. ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットには3つの利点があります:

  • どこでも使用できる: IDとパスワードを入力するだけでインターネット経由でアクセスできるため、デバイスの種類を選ばずにWebウォレットを簡単に使用できます。 したがって、仮想通貨取引を始める人におすすめできます。スマートフォンなどを使用して好きな場所に持ち込むことができるユーザーにも提供します。 さらに、ハッカーによって簡単に攻撃されることはないので、セキュリティは取引所に比べて非常に安全です。
  • アカウントをより便利に管理する: IDとパスワードさえあれば、ウェブウォレットに簡単にアクセスできます。 ペーパーウォレットのように資産を失うリスクを減らすことができるため、これはユーザーにとって有益です。
  • すぐに支払いができる: スマートフォンで支払い用のQRコードを適用するだけなので、簡単に支払いができます。Webウォレットを使用するとスピーディーにトランザクションを完了させることができます。

2.2. ウェブウォレットのデメリット

ただし、トランザクションを実行する際いくつかの不便さがあります。

  • ハッキングされるリスク: インターネット経由で財布を使用するため、紙の財布よりも攻撃を受けやすくなります。 ただし、取引所プラットフォームよりも安全です。リスクを減らすには、仮想通貨をさまざまなウォレットに分割する必要があります。
  • 使用できる通貨が少ない: ウェブウォレットは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを含む3種類の仮想通貨のみをサポートしています。

メリットとデメリットを理解できましたか?今後、デスクトップウォレットやモバイルウォレットについての記事もアップするので、比較して検討してみてください。

3. よく使用されているウェブウォレット

3.1. BTC – Blockchain

仮想通貨 ウェブウォレット

Blockchain.info – 出典: Coincentral

これは世界中のユーザーから信頼を得ているため、仮想通貨の世界で有名なものであることは間違いありません。 このプラットフォームは、マイニングのシェアとして公開企業として公開されており、最大の仮想通貨交換プラットフォームの1つと見なされています。

電話を変更する場合は、12のリカバリーフレーズを入力しないとウォレットを使用できません。 つまり、電話がリカバリーされないときあなたの資産を失うことを意味します。したがって厳重にアカウントを管理する必要があります。

一方、セキュリティシステムは非常に強力で安全であるため、ハッキングのリスクは低いです。

3.2. BitGo

ウェブウォレット 仮想通貨

BitGo platform – 出典: Bitcoin Exchange guide

BitGoは、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨プラットフォームであり、セキュリティキーとマルチシグを使用してセキュリティを強化しています。 さらに、BitGoは3つのセキュリティキーを使用してログインし、そのうち2つを取得するメカニズム、いわゆるメソッド2of3を適用しています。

その観点から見ると、基本的には秘密鍵が複数ある(マルチシグ)方がセキュリティが高いため、このプラットフォームはWebウォレットの中では信頼性が高いと言えます。 しかし、マルチシグの欠点は鍵の数が増えることによって、トランザクション手数料や管理も増えることです。

3.3. MyEtherWallet

ウェブウォレット ビットコイン

MyEtherwallet – 出典: Coincentral

イーサリアムウォレットを探している方におすすめしたいウォレットです。主な機能は、ICOによって作成された新しいイーサリアムに基づく仮想通貨管理であり、コンピューターによって制御されているため、支払いには適していません。

つまり、イーサリアムは独自の通貨でのみ存在するため、ビットコインとはまったく異なり、開発者はイーサリアムのブロックチェーンを使用して他の通貨を作成する必要があります。

4. ウェブウォレット(ビットコイン)を使用する際に注意すること

4.1. フィッシング問題

ユーザーが使用している取引所と類似のプラットフォームが作成され、IDとパスワードが盗まれるケースが多いです。 したがって、偽物のプラットフォームに誘導されないように、最初のログインURLを保存し、ブックマークからアクセスするといった注意が必要です。

4.2. ウイルス

仮想通貨取引所を利用して投資を行う場合、IDとパスワードを盗もうとするウイルス攻撃に注意する必要があります。対策として、PCを保護するセキュリティソフトをインストールしましょう。

4.3. ウェブウォレットだけに資産を投資しない

1つのウェブウォレットに多額の資金を投資する場合、サービスが突然停止したときに資産にアクセスできなくなるリスクがあります。

管理会社のセキュリティが不十分でサーバーが攻撃された場合、ユーザーの資産が盗まれる可能性があるため、Webウォレットに入れるのは少額に抑えるという対策が出来ます。

以上が、あなたの資産を守るために注意すべき3つのことです。安全を確保するために、通貨をコールドウォレット、ソフトウェアウォレットなどの他のウォレットに分散することも検討してください。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓