ブロックチェーンのスマートコントラクトとは?それはどのように機能するのでしょうか?

ブロックチェーン技術は、非中央集権型、合意型、分散型、ピアツーピア取引などの特徴を持つことから、過去10年以上、多くの研究対象となってきました。 ブロックチェーンの力を借りれば、多くの契約はスマートコントラクトによって自動的に行われる可能性があります。 では、スマートコントラクトとは何でしょうか。 それはどのように機能するのでしょうか? すべては、この記事を通してお答えします。

I. スマートコントラクトとは?

  1. 誕生の経緯

スマートコントラクトは、ブロックチェーンよりも前に登場しました。 1994年にアメリカのコンピュータ科学者、Nick Szaboが提唱したのが最初です。 当時は、スマートコントラクトをサポートできるデジタルプラットフォームや分散型台帳技術が存在しなかったため、ほとんど注目されませんでした。

  1. スマートコントラクトの定義

Nick Szaboは、スマートコントラクトを「契約実行が可能なコンピュータ化された取引プロトコル」と定義しています。 この定義によれば、自動販売機はスマートコントラクトの最も古い例、と言えるでしょう。

What are Smart Contract on Blockchain

スマートコントラクトとは?(画像提供:moralist.io)

  1. スマートコントラクト・ブロックチェーン

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上のプログラムで、あらかじめ設定された条件を満たしたときに実行されるものです。 この条件=規約は、ブロックチェーンにプログラミングコードとして保存されます。

ブロックチェーンの詳細については、こちらをご覧ください。

Ⅱ. スマートコントラクトの長所と短所

  1. スマートコントラクトの長所

・安全性:スマートコントラクトはデータの暗号化を使用しており、改ざんができないため、安全性の高いソリューションとなっています。

・スピード:コンピュータ・プロトコルを用いた作業の自動化により、手作業で行う契約と比較して大幅な時間短縮が可能です。

・経済的:スマートコントラクトにより、ブローカーや中間業者のコストが不要になり、より経済的になります。

・正確性:スマートコントラクトを使用すると、エラーがなくなります。

  1. スマートコントラクトの短所

・変更が難しい:スマートコントラクトのプロセスを変更することは、ほぼ不可能です。

・規制の欠如:国際法には、「ブロックチェーン」、「スマートコントラクト」、「仮想通貨」という概念が無いので、法律で取り締まることが困難です。

Advantages and disadvantages of smart contract

スマートコントラクトの長所と短所(画像提供:blog.ipleaders.in)

Ⅲ. スマートコントラクト・ブロックチェーンはどのような仕組みなのでしょうか?

スマートコントラクトは、ブロックチェーンのコードに書かれた「when…then…」という記述に従います。つまり、ブロックチェーン上のコードに書かれた条件に基づいて動作するのです。

参加者がブロックチェーン上で取引とデータがどのように表現されるかについて合意すると、契約条件を確立することができます。 次に、すべての条件はプログラミングコードに変換され、その取引の手順が示されます。

これらのコードはブロックチェーンに保存され、その情報はネットワークのコンピュータノードに分散配信されるため、ユーザーは各取引の進捗状況を確実に把握することができます。

取引が完了すると、ブロックチェーンが更新されます。 したがって、この取引情報を変更することはできず、関係当事者のみが結果を見ることができるのです。

How dóe smart contract work

スマートコントラクトの仕組みは?(画像提供:blockchainsentry.com)

Ⅳ. スマートコントラクトの応用

  1. 分散型金融(DeFi)

暗号通貨とスマートコントラクトにより、分散型金融プラットフォームは、中間業者を介さずに、融資、借入、デリバティブ取引などの金融サービスを提供できるようになります。

  1. NFT(代替不可能なトークン)

スマートコントラクトは、トークンに所有権を割り当て、譲渡性を管理することにより、非代替トークン(NFT)の作成を可能にします。

  1. サプライチェーン

スマートコントラクトを使えば、サプライチェーンに関わる全員が、アイテムの所在を追跡することができます。 アイテムを紛失した場合、スマートコントラクトはその場所を探し出すことができます。 さらに、スマートコントラクトは、支払いや定型的な作業を自動化することも可能です。

Blockchain Application of Smart Contract

スマートコントラクトの応用(画像提供:defipedia.com)

  1. ヘルスケア(治療情報管理)

ブロックチェーンは、患者の治療情報を秘密鍵で暗号化して保存することができ、特定の医師だけがその情報にアクセスすることができるため、患者一人ひとりのプライバシーを確保することができます。

また、スマートコントラクトは、銀行、保険、不動産など、他の多くの分野でも応用されています。 人々の生活をより便利にしてくれる、その有用性を否定することはできないでしょう。

以上の記事は、スマートコントラクト・ブロックチェーンに関する情報でした。 上記の長所と短所に加えて、より多くの機能が開発され、改善され続けています。 スマートコントラクトは、従来の取引方法に代わる優れた代替手段となる可能性を十分に秘めているのです。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓