(日本語) ERPパッケージとは?知っておきたいすべてのこと。

Rất tiếc, mục này chỉ tồn tại ở Tiếng NhậtTiếng Anh (Mỹ). For the sake of viewer convenience, the content is shown below in this site default language. You may click one of the links to switch the site language to another available language.

ERPパッケージとは何ですか? これは、社内用ERPパッケージシステムを構築すしたい多くの企業が尋ねる質問です。 この記事では、ERPを開発する際の基本的な概念から注意事項までを説明します。

1. ERPパッケージとは?

erpパッケージ

ビジネス向けERP- 出典: JLVエンタープライズ

ERPパッケージは、情報技術をビジネス管理、データ収集、保存、解釈分析に適用するモデル「エンタープライズリソースプランニング」ソフトウェアとして有名です。 さらに、次のような多くのツールが含まれます:

  • 製品企画
  • コスト管理
  • 配達管理
  • セールスマーケティング
  • 財務管理
  • 経理

さらに、ERPは優れたビジネス管理ソフトウェアと見なされ、ビジネスで必要なすべての機能をほとんどカバーしています。 ERPをベースとして、企業は簡単にデータ収集、情報管理ができます。

さらに、すべての機能とモジュールがシステムにリンクされているため、異なる部門がデータのフローにアクセスでき、中断されることはありません。 このソフトウェアにより、世界中の大企業が企業活動や社内スタッフを最適にコントロールできるようになりました。

さらに、人気のプログラムを備えたERPパッケージタイプを紹介します:

  • Microsoft Dynamics 365
  • ERP Oracle
  • ERP SAP Business One

これらの3つのタイプについて、ビジネス向けERPパッケージのメリットの後に説明します。.

2. ERPパッケージのメリット

ERPは企業にとって多くのメリットがあります:

  • 労働生産性の向上: これは、中小企業(SMB)にとって主要な利点です。労働生産性は、どのような規模であっても企業の利益に影響を与えるためです。 ERPを使用すると、データは部門間で透過的かつ正確に共有され、入力作業を出来るだけ減らし、情報を受け取るまでの待ち時間を節約します。
  • 正確なデータソース: 管理者と従業員は、誤ったデータに惑わされることはなくなります。 さらに、ERPを使用すると、情報フローが常にリアルタイムで更新され、共有システムで相互に接続されるため、在庫の確認や会計の間違いの発見が容易になります。 より信頼性の高いERPパッケージプログラムによって自動化されたレポートが生成されます。
  • 意思決定プロセスの改善: 正しい決定をするために最も重要なことは、必要なデータが最新の状態で揃っていることです。したがって、安全で自信がもてる意思決定のために、ERPを適用する必要があります。 ERPは、ビジネス運用の全体像をより適切に示し、ピンチや改革などのあらゆる状況で意思決定を助けます。
  • 労働環境の向上: シンプルで柔軟性の高いインターフェイスにより、ビジネスプロセスが合理化されます。 ユーザーは1つの画面から自分の作業に関連する情報にアクセスできます。 ERPは、レポートの抽出、作業のスケジューリング、履歴の追跡など、あらゆるプロセスをサポートし、スタッフの作業を簡素化します。
  • 統合プロセス: ERPを使用する目的と最大の利点は、ばらばらプロセスを独自のERPパッケージ機能に統合できることです。 ERPパッケージを使用していない場合、データの共有や個別のストレージなどが発生し、データを要約して接続するために多大な時間とコストを費やす必要があります。 ERPを使用すると、データはシステムに集中し、アクセス、合成、概要の確認が容易になります。 このようにして、ERPパッケージは企業の利益創出に貢献します。

以上の利点は一部に過ぎません。

3. 3つの人気ERPパッケージ

日本企業が採用しているERPパッケージの種類はたくさんありますが、以下にその一例をご紹介します:

3.1. Microsoft Dynamics 365 

erpパッケージとは

Microsoft Dynamics 365プラットフォーム – 出典:Cosmo Consult

これは、Microsoft社が提供するERPソフトウェアであり、CRM機能、ERPパッケージ機能を提供します。または、次のようなビジネスプロセスをサポートするために、機能をカスタマイズすることもできます:

  • 営業
  • サービス
  • カスタマーサービス
  • 運用
  • ファイナンス
  • メンテナンス
  • プロジェクト管理
  • マーケティング

さらに、このソフトウェアは企業がより効率的に仕事をするのを助けます。

  • 要件に応じた構築: 各機能を分離または接続できるため、必要に応じてカスタマイズできます。 現在、企業向けのバージョンを公開しており、10人~数千人の従業員を抱える会社にまで適用されています。
  • 効率アップ: ソフトウェアをMicrosoft Office 365ツールと組み合わせると、OutlookでのCRMタスクとExcelでのERP作業を行うことができます。
  • スマートな働き方: 企業はデータを介してより効率的に意思決定を行うことができます。また、Microsoft Power BI、Cortana Intelligence、Azure Machine、Dynamics 365などの複合ツールを適用できる場合、アクションプランにデータを転送するのに役立ちます。 

Microsoft Dynamics 365を使用すると、IOS、Android、およびWindow Phoneでダウンロードして使用できます。 さらに、オフラインでも使用でき、インターネットに接続されたときにデータが同期されます。

3.2. ERP Oracle

erpパッケージ 種類

ERP Oracle – 出典:Pinterest

ERP Oracleは、金融、FMCG、人事、流通、生産に役立つアプリケーションを提供するクラウドプラットフォームです。 中小企業から大企業まで、さまざまなターゲットに対応しています。 主な機能は次のとおりです。:

  • 財務管理
  • プロジェクト管理
  • 注文管理
  • CRM
  • 製造
  • 物流計画
  • レポート
  • スマートビジネス

その他の機能:

  • 不動産管理
  • 健康、環境
  • 商品取引
  • 製品品質管理

このソフトウェアをシステムに適用するメリット:

  • 頻繁なアップデート: オラクルは、問題を解決し、顧客の体験を向上させるために、毎年2回のアップデートを提供しています。
  • 作業全体をひとつのデータベースで管理: 現在、企業はすべての作業を1つのデータベースで管理できます。すべての部門のデータが接続されており、BODとBOMがより簡単で一貫した作業ができます。
  • 高度なセキュリティ: データが暗号化および分離されています。 これは、企業がERPシステムを適用する場合に最も重要なことの1つです。
  • サードパーティの統合が簡単: 社内プロセスのニーズに応じて他のソフトウェアを統合できます。将来、プロセスが増える企業にとって便利な機能です。

3.3. ERP SAP Business One

erpパッケージ 開発

SAP Business One – 出典:Suprenis

SAP Business Oneは、会計、生産、小売、流通など多くの分野に適しています。 さらに、このソフトウェアは統合クラウドをベースにしているため、さまざまなセクターに適用できます:

  • ファイナンス
  • CRM
  • 在庫管理
  • 売上管理

そして、すべての機能はシステム上で操作されます。 さらに、SAP Business Oneは世界中の企業に向けて。複数通貨の取引と、さまざまな言語をサポートしています。 さらに、次のような多くの機能を実行できるリモートサポートプラットフォームを提供します:

  • 自動システム診断
  • 定期的なデータベース保守
  • 認定テストアップグレード
  • 自動エラー修正

さらに、このプラットフォームを選択すると、次のような大きなメリットを得ることができます:

  • 注文処理コストの削減
  • 販売価格の計算時間削減
  • 効果的な作業環境
  • より速く、より正確に、時間通りに情報を提供する
  • 効果的な管理プロセスを導入すると、各セクターの要求を満たすことができます。

ERP SAPは世界でもトップのソフトウェアであるため、日本企業にも適しています。 ERP SAPの場合、企業はいつでもサードパーティをカスタマイズまたは統合できます。

4. ERPパッケージ開発プロセス

ERPパッケージ開発のプロセスについて、企業が準備する必要があること :

  • 準備:プロジェクトの最初のステップであり、非常に重要です。 この段階で、ビジネスオーナーは目標と期待される成果を特定し、ERPシステムを開発するためのパートナーを選択する必要があります。 また、ERPパッケージとは何か、それはどのように機能するか、などのERPの基本的な知識を理解している必要があります。
  • ERPパッケージプロジェクトの計画:ERPソリューションのパートナーが決まった後、要件、現在のリソースを評価するために打ち合わせを開催します。この期間、企業は詳細なプロセスをパートナーに書き留めて、 彼らがビジネスの計画を正確に理解し、実行できるようにする必要があります。
  • ERPソフトウェアのテストと評価:このステップから、サービス提供者は、企業の所定のプロセスに従ってERPをカスタマイズします。 通常、このカスタマイズは主にレポートフォーム、情報処理手順の順序、部門間の関係などに関するものです。
  • プロジェクトの評価:この段階では、パートナーが提案する小規模なERPモデルでシステムを試してみます。 次に、スタッフに向けてERPソフトウェアにのトレーニングを行い、日常業務で利用できるようにします。
  • ERPパッケージの展開:上記のすべてのプロセスが完了すると、ERPパッケージがシステム全体で使用されます。 そして、各部門は、それをどのように使用するかを理解するためのトレーニングを実施します。

5. なぜERPパッケージで失敗するのか?

ERPパッケージで失敗するケースがいくつかあります。そこで、ERPパッケージが失敗する理由を見ていきましょう。このERPプロジェクトの教訓をあなたのビジネスに活かすことができます。

5.1. 非現実的な構想

企業がERPに対して非現実的な構想を持っている場合、プロジェクトの大きな割合で失敗します。 さらに、一部のERPソリューション提供者は、プロジェクトのコストと時間を削減します。これにより、一部の機能が実現しないまま、高い支払いが要求され、失敗します。

そのため、プロジェクトを成功させるためにおさえておきたい重要事項を説明します。

5.2. 経営陣のマネジメント不足

経営陣はERPプロジェクトを承認する役割ですが、その仕事量は大きく、ERP開発を実施するための人的資源を明確に計画する必要があります:

  • 時間管理
  • 予算管理
  • プロジェクト評価

経営陣も参加することで、単なる技術的なプロジェクトにならず、ビジネス戦略に合うERPプロジェクトにすることができます。 ERPを使用して長期的なデジタル戦略を開始すれば、顧客サービスでもメリットが得られ、競争力を強化できます。

5.3. カスタムソフトウェアが多すぎる

ERP事業者にとってカスタムソフトウェアは多すぎない方が良いですが、顧客は要件に基づいて多すぎるカスタマイズ希望する場合があります。 このようにして、不要な機能や既に標準化された機能をカスタマイズしてしまう可能性があります。

5.4. 未経験のリソース

統合システムとERPパートナーは、企業向けERP開発において重要ななので、ERPコンサルタントが顧客の課題を理解していない場合、顧客にアドバイスや効率的な活用方法を提案することができません。

以上がERPパッケージの基本的な概念から注意すべき内容です。BAPはERPだけでなく、ブロックチェーン、Webサービス、ビッグデータ、AIなどのテクノロジーの開発にも経験があります。 近い将来、ERPシステムを構築したい場合は、BAPにお問い合わせください。あなたのビジネスに最高の提案をします。

BAP Assistant x

  • BAP

    Chúng tôi rất hân hạnh được giải đáp mọi thắc mắc về dịch vụ phát triển Offshore tại BAP. Vui lòng chọn thông tin bạn muốn tìm hiểu:

    Lo ngại về giao tiếp, chẳng hạn như không thể truyền đạt chi tiết yêu cầu. Có vấn đề khó khăn trong giao tiếp bằng tiếng Nhật không?
    Không chỉ là Phát triển , tôi có yêu cầu về bảo trì sau khi hệ thống đi vào vận hành có được không?
    Việc phát triển offshore tôi thường quan tâm đến chất lượng dịch vụ. Có thể đảm bảo chất lượng không?
    Tôi chưa có kinh nghiệm phát triển offshore. Khi đưa ra yêu cầu, thông thường chúng tôi cần chuẩn bị thể chế và tài liệu nào?
    Tôi đang nghĩ đến việc yêu cầu offshore phát triển hệ thống nghiệp vụ. Bên công ty có thể hiểu được đặt tả về nghiệp vụ phức tạp không?
    Chúng tôi có thể tham quan công ty nơi mà trực tiếp phát triển phần mềm không?
    Tôi muốn tiến hành nghiên cứu AI. Tôi có thể yêu cầu không?
    Hãy cho chúng tôi biết thể chế phát triển và khả năng về kỹ thuật của công ty.
    Đảm bảo chất lượng của bạn như thế nào?
    Công ty làm gì để giữ đúng thời hạn giao hàng của dự án?
    Thời gian thanh toán có thuận tiện cho khách hàng không?
    Việc nghiệm thu được thực hiện như thế nào?
    Nếu có phát sinh trường hợp cần đối ứng khẩn cấp, thể chế đối ứng như thế nào?
    20/02 10:36 ✓