オフショア開発がビジネスに最適な理由

2019年、世界IT支出-ITサービス部門は約1兆ドルでしたが、今後さらに増加すると予想されています。しかし、IT人材は不足しており、世界中でIT人材の需要が高まっています。IT人材不足は日本ではより深刻な状況です。

日本はこの問題に対して有効な手段であるオフショア開発という選択肢を考える必要があります。今回はオフショア開発が必須であるポイントをいくつか説明します。

1. 低コストで高品質を実現

まだ、オフショア開発が日本に十分に浸透しているとは言えない状況です。統計によると、日本の国内IT市場規模は9憶5400万ドルですが、そのうちオフショア市場が占める割合はわずか1%です。近年、ベトナムは低コストで高品質を実現できることから、日本のオフショア開発先として注目されています。

ベトナムでオフショア開発をする場合のコストは日本の30~60%となるため、オフショア開発市場で有用な策であることは明らかです。中国のオフショア開発の場合ベトナムの30%~40%高くなると言われています。

日本にとってベトナムでオフショア企業をみつけることは、品質を保ったままコスト削減できる良い投資となります。

2. 技術者不足を緩和する最善策

IT技術者不足は長期間にわたる課題であり、過去10年間でITを専攻する学生の数は10%程度減少しました。さらに、2018年のコインチェック事件により企業はIT技術者の採用がさらに難しくなりました。

日本にとって、国内の人材では限界があるため、IT技術者の不足を補う人材の確保が最優先事項となります。ベトナムなどのアジア諸国は即戦力となるさまざまなIT世代の人材を確保しているため、オフショア開発のソリューションを日本に提供することができます。

3. スマホアプリ開発の第一候補

why offshore development is the best method for business

モバイルアプリは、日本だけでなく世界中でトレンドになっています。スマートフォンでのダウンロード数は、2017年と2018年に1,781億から2,054億となり、絶え間なく増加していることを示しています。

スマートフォンが市場を支配しており、日本の企業がスマホアプリの開発に注力していくのは明らかです。ただし、国内のチームだけでは市場の需要に対応できないため、ベトナムなどの外国人によるオフショア開発が必要です。

ベトナムには日本側の要件を満たすことのできるITエンジニアが数多く存在します。弊社のように日本市場で多くのプロジェクト経験したことにより日本のニーズにうまく対応できる企業もあります。

4. Webアプリ開発に最適

スマートフォンが世間に浸透している一方、Webアプリを利用している会社もまだたくさんあります。eコマース、銀行、ヘルスケアなどの産業では顧客が簡単にアクセスできる独自のWebアプリの構築がなされています。

しかし、日本のWebアプリ開発費用は非常に高額なため、アジア諸国でオフショア開発先を探す企業が増えてきました。ベトナム、中国、インドが人気のあるオフショア先となっています。

以上が、オフショア開発の優れた点であり、始める前に押さえておきたい点です。ベトナムのオフショア開発は日本の人手不足を解消するIT人材が豊富にあり、開発コストは中国やインドなど他のアジア諸国に比べ安価ですが、製品は高品質です。このリストがオフショア開発に関する疑問に十分に答えられることを願っています。

株式会社BAPはベトナムで4年間オフショア開発を行っています。さらに、日本のプロジェクト経験が豊富にあり、日本語スキルも高いです。 オフショア開発会社をお探しの場合は、お気軽にご相談ください。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓