Webサービス開発の基本を理解する

WebサービスはB2BおよびB2Cサービスに革命をもたらし、今では人々の生活に欠かせないものとなりました。Webサービス開発の基本的な価値は、複雑なシステムや旧型のシステムへのアクセス方法を標準化するところにあります。

ソフトウェアはさまざまなプログラミング言語で記述され、さまざまなプラットフォームで実行されますが、Webサービスでは、コンピューター間の通信と同じようにインターネットを介してデータを変換できます。Webサービスはシステム統合・開発において低コストでその複雑さを軽減する素晴らしい技術です。本記事では、ウェブサービス開発の基本、仕組み、日本でのコストについて説明します。

webサービス開発

1. Webサービス開発とは?

Webサービスは一般的なアプリケーションをWebアプリケーションに変換するために使用されるアプリケーション・コンポーネントです。また、世界中のインターネットユーザーがWeb経由で使用できます。WebサービスはURLで識別できるソフトウェアリソース、オープンプロトコルなどを使用して通信し、機能を実行し、必要なユーザー情報を提供します。

Webサービス開発には、顧客および事業運営のための独立したモジュールが含まれ、サーバー上に実装されます。 Webサービス開発の基本的な基盤は、XML、HTTP、SMTP、またはFTPです。 どのタイプのアプリケーションでも、プログラミング言語で生成されたWebサービスのコンポーネントを所有できます。

Webサービス開発の基礎

  • クライアントとサーバーは異なる環境であっても相互にやり取りできます。
  • ほとんどのWebサービスはオープンソースで構築され、XMLなどの承認された標準で開発されます。
  • Webサービスはたくさんのモジュールから構成され、インターネット上に公開されます。
  • PHP、Oracle Application Server、Microsoft .NETなどのサーバー側アプリケーションソフトウェアによってデプロイできます

2. Webサービス開発のコンポーネント

基本的なWebサービスプラットフォームはXML HTTPです。全ての標準WebサービスはSOAP、WSDL、UDDIのコンポーネントで構成されています。

2.1 SOAP

SOAPはXMLベースのプロトコルであり、これによりアプリケーションはHTTPとSMTPを介してデータを交換できます。具体的に言うと、SOAPは、Webサービスの実装で構造化された情報を交換するために指定されたメッセージングとなります。

SOAPはメッセージの送信に使用されるフォーマットです。

SOAPはインターネット経由でメッセージを伝達するように設計されています。

2.2 WSDL (webサービス記述言語)

WSDLは、Webサービスを位置づけて記述するために使用されるXMLベースの言語です。

WSDLによって、Webサービスの通知形式とプロトコル詳細とともにWebサービスを記述します。

2.3 UDDI

UDDIはオープンフレームワークであり、Webサービスを登録および検索できます。

UDDIはSOAPを介して通信します。

3. Webサービスはどのように動いているか?

webサービス 開発 費用

Webサービスは、HTML、XML、WSDLなどのWebサービス開発言語、SOAPなどのオープン化された標準を使用して、さまざまなアプリケーション間の通信を可能にします。

  • XMLは、データにタグを追加するために使用されます。
  • XMLメッセージはXML形式のメッセージをデコードし、ユーザーと相互に作用し合うアプリケーションレベルで理解できるようにします。
  • SOAPはメッセージを伝達する役割です。
  • Webサービスは、WSDL(Web Services Description Language)を使用して、Webサービスが提供する操作と機能のデータ型にパラメーターを渡します。
  • WSDLはWebサービスでできることを記述できます。

JavaをベースにしたWebサービスは、Windows上のVisual Basicプログラムから入手できるSolarisで開発できます。また、C#を使用して、Linux上のJava Server Pages(JSP)aと一致してWebアプリケーションから呼び出し可能な新しいWebサービスをつくることもできます。

4. Webサービス開発をPythonでやってみる

webサービス 開発 言語

Pythonは比較的わかりやすいプログラミング言語です。文法構造がシンプルで、JavaやC言語よりも短いため、初心者でも始めやすい言語です。需要も高まっています。したがって、Webサービス開発をPythonで始める場合、プログラミングの経験者でなくてもそれほど心配する必要はありません。

Webサービス開発をPythonでする場合、Flaskというフレームワークを利用すると良いでしょう。サーバー側アプリケーション全体を開発するよりもはるかに簡単です。

5. Webサービス開発費用

webサービス開発 python

日本のWebサービス開発費用はいくらくらいでしょうか。Webサービス開発費用の見積は、要求やWebサービス開発会社、希望するパフォーマンスのレベルに依存する為、複雑になる可能性があります。感覚として、日本のWebサービス開発費用は 53万円~380万円くらいでしょうか。参考までに、Webサービス開発会社のトップ数社を挙げます。
BusinesswareTechnologies、Monstar Lab、Wizcorp、BRYCEN、Xoxzo、CMC Global

結論として、通信やデータ送信が効率的で簡単になった今、Webサービスは少ないコストでリアルタイム通信機能をより強化し、世界中の人々と繋がることができるようになりました。このテクノロジープラットフォームの本質はサービス指向アーキテクチャにあるため、Webサービス開発の未来は可能性に満ちあふれています。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓