[eラーニングシステム比較] – ビジネス利用に最適なeラーニングシステム6選

eラーニングソフトウェアはトレーニングの質の向上につながるメリットがあります。この記事は、eラーニングシステムを比較し、どれを使用すべきか決定する上で役立ちます。合わせて、eラーニングシステムのメリットもご確認ください。

1. Smart Boarding 

eラーニングシステム 比較

eラーニングプラットフォームにおいて、教育資料の作成はユーザーを惹きつける鍵となります。Smart Boardingは短時間で大量のドキュメントを作成するのに役立ちます。

Smart Boradingは社内向けeラーニングシステムのソリューションを提供する株式会社FCEトレーニング・カンパニーによって開発されました。

まず、このeラーニングシステムを形成するのに、他のシステムと比較して4分の1程度の時間しかかかりません。

さらに、教材などの教育コンテンツを作成できるだけでなく、360類以上の学習コンテンツにアクセスできます。

このプラットフォームは、学習者と管理者の2つの部分に分かれているため、共有システム上で独立して対話することができます。

Smart Boradingには、主に3つのセールスポイントがあります。

  • コンテンツ作成: 既存の360種の資料にアクセスでき、必要に応じでより多くの社内資料を設計できます。
  • テスト作成: 学習者向けにさまざまなテストを作成できます。
  • 学習管理: 参加者の学習状況を円グラフで簡単に確認できます。 また、トレーニングの理解度もステータスで管理できます。

プラットフォームの価格については、初期費用約30万円、利用料として月額約49,400円+ユーザーあたり980円の手数料がかかります。

2. Etudes Platform

Etudes Platform

Etudesは最先端のテクノロジーを最大限に活用したクラウド上のeラーニングシステムです。

さまざまなデバイスで接続でき、教育ドキュメントが適切なデバイスに転送されるように設計されています。

  • PC
  • タブレット
  • スマートフォン

さらに、パネル型のUIで学習者は目的に合ったコースを簡単に見つけることができます。

クラウド上で動くSaas型のサービスのため、システムのインフラを管理をする必要がありません。 

Etudesには、主に3つのセールスポイントがあります。

  • 最新のクラウトサービスAzureによるセキュリティ: Microsoftによって保護されているPaaSを開始て自社の財産を保護します。
  • 豊富なトレーニングセッション: 組織情報管理、グループトレーニング、反転学習(インターネット事前に学習し、授業で演習実践などを行うという学習形態)などのトレーニングコースを適用できます。
  • コンテンツ作成: eラーニングの標準規格SCORM 1.2に従って、ビデオ資料、テスト、アンケートなどのコンテンツをカスタマイズし、教材をダウンロードできます。

このプラットフォームは、毎月支払いになっており、バージョン料金のアップグレードなど、その他の追加費用は発生しません。

このプラットフォームを使用する場合、初期費用は無料ですが、学習者1人当たり毎月500円が加算されます。さらにAzureのコストは月額30万円です。

3. Easylearning Express

easylearning express

こちらも是非見ていただきたいeラーニングプラットフォームです。

ASPおよびホスティングサービスのため、サーバーや教材を管理する必要がありません。そのため、教育の質を高めることや、学習者を管理することに集中できます。基本的な機能の他に、特徴的な機能を紹介します。

  • 受講管理機能:  受講者登録、グループ登録、受講申し込み登録の3つを登録機能を利用できます。さらに、データはCSVフォーマットで取り込み可能なため、管理者は大規模な変更にも簡単に対応できます。
  • メール機能: 送信先は、任意・グループ・コース(未受講・未完了・完了)から選択して、お知らせなどを送信することができます。また、CSVファイルを使用してメールをアップロードおよび送信することもできます。
  • 受講履歴管理: 企業は、過去の受講履歴から学習者の結果を管理し、データをCSV形式でエクスポートできます。このため、ツールを使用してプライベートな教育コンテンツを作成でき、学習者向けにガイドメールを送信することもできます。活用例として、企業は受講アンケートを行ったり、コースに最も出席した学習者を特定して証明書を発行することもできます。
  • セキュリティ機能: パスワードポリシーやアカウントロックの操作ができます。システムにパスワードリマインダを追加することもできます。

このeラーニングプラットフォームの費用はプランによって異なります。

  • ASP費用 ユーザー1人につき年間3000円
  • ホスティング費用 250,000円

または、学習者50人規模のクラウドを購入する場合、3か月毎に75,000円かかります。

4. Enden LMS 

Enden LMS

eden LMSはシンプルで使い易く、クラウド上のeラーニングシステムとしても有名です。

他のeラーニングシステムと比較して、ビデオを編集して資料を作成するという面倒なプロセスを削減できるため、時間を節約できます。

WordやExcelなどのOfficeツールを使うのと同じようにとても簡単にできます。

  • コンテンツ作成機能: ワープロのようなソフトが文書作成において重要な役割を果たします。PowerPointを用いてビデオ教材を作成することもできます。完成した教材はPC、スマートフォン、タブレットのそれぞれに適したインターフェイスで送信されます。
  • テスト機能: 複数選択、記述式などさまざまなタイプのテストを利用して、学習者の理解度をチェックすることができます。
  • 学習属性機能: 受講履歴、学習者ステータスを確認したり、ユーザーのグル―プを作成して権限を付与したりすることもできます。

その他、一般的なeラーニングシステムの機能も備えており、価格はそれほど高額ではありません。

  • 同時アクセス15名まで: 月額40,000円
  • 同時アクセス50名まで: 月額80,000円

5. Playse Platform 

Playse Platform

このプラットフォームには2,000以上の教材コンテンツがあり、必要に応じてカスタマイズできます。

さらに、ビデオ、スライド、PDFなどのさまざまなフォーマットで教材を作成し、プライベートブランドとしてロゴやポリシー、規約を追加することができます。

また、利用者数の変動に応じて柔軟にプランを変更することができます。

その他、以下の特徴があります:

  • スマートフォン、PC、タブレットから接続できます。
  • 教材のジャンルが豊富なため、さまざまな目的の学習者をターゲットにできます。
  • アラートや出席情報などのメールを簡単に送信できます。
  • コンテンツ作成: 自社教材をプラットフォームにアップロードして利用できます。
  •  レポートによって、学習者の理解度や学習時間、テストの結果を把握することができます。

利用料金:

  • 初期費用: 100,000 円
  • 月額: 15,000 円

6. Cloud Campus 

Cloud Campus

Cloud Campusはクラウドベースのeラーニングシステムであり、教材を作成して管理することができます。

このプラットフォームは外部組織に教育を提供するためにソフトバンクグループのサイバー大学によって開発されました。

プラットフォームには以下の特徴があります。

  • コンテンツ制作: コンピューターに関する知識がなくても、科目とタイトルを入力していくだけで十分です。 一方、学習者はPCやWebカメラを通して講座にアクセスできます。
  • コース販売: コースを企業に販売するための機能です。すべての教材は日本取引所グループによって検査されています。これはスパイダー取引回避の知識を向上させることを目的としています。
  • テスト作成: すべてのeラーニングシステムでテストを設計できるため、学習者の能力や成績を把握するのに役立ちます。
  • 学習機能: テストの点数や学習者の出席状況を検索したり、CSVファイルでエクスポートしたりできます。

このプラットフォームの費用は3段階に分けられます:

  • Entry-level: 初期費用100,000円、月額70,000円
  • Standard-level: 初期費用200,000円、月額200,000円
  • Pro-level: 初期費用500,000円、月額360,000円

以上のような、eラーニングシステムの比較はeラーニングシステムプラットフォーム開発の最初のステップとして役立ちます。

しかし、どのコストもBAPのようなオフショア会社で開発を行うほど安くありません。BAPは低コストなだけでなく、お客様の要望に応じてカスタマイズし、プライベートなeラーニングシステムを構築することができます。

今回の情報がお客様のお役に立てれば幸いです。eラーニングプラットフォームの実装に関してのコンサルティングをご希望の場合、お気軽にお問い合わせください。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓