eラーニングシステムは教育業界にどのように役立つか?

経済誌Forbesによると、eラーニング市場は2022年に2751憶の規模へ拡大する見込みですが、企業は本当にこれほどの利益を得ることができるのでしょうか。この記事では、eラーニングシステムが教育ビジネスにどのように役立つのかを説明します。

eラーニングシステム

1. eラーニングシステムとは?

eラーニングシステムまたは電子学習システムは、インターネット経由の学習プラットフォームの一種と見なされます。企業にとって、このシステムは、教材、テストなどの授業内容の管理に役立ちます。また、管理者は、学習管理システム(LMS)と呼ばれるこのプラットフォームを通じて、学習者の数、学習者のプロセスをカウントすることもできます。ユーザにとってはこのフォームを用いて世界中のどこにいても知識を共有できます。ネットワークに接続できる限り、すべての教育者と学習者は、スマートフォン、PC、タブレットなどのデバイスを介して繋がることができます。

2. eラーニングシステムの種類

eラーニングシステムクラウド型とイントラネット型の2種類があります。 それでは、各タイプの違いを見てみましょう。

クラウド型eラーニングシステム

これはインターネットを通してeラーニングシステムを提供するコンピューターベースのプラットフォームです。このクラウドベースのeラーニングシステムでは、企業がサーバーを持っておらず複雑なバックエンドを操作できない場合、学習者と教育者にレッスンを提供するためにサードパーティーに依頼する必要があります。

詳しく説明すると、eラーニングシステムは教材や学習者情報が含まれており、これらは、クラウド上のeラーニングシステム(eラーニングシステムクラウド)と呼ばれる共有プラットフォームで管理されます。そして、学習者はシステムから必要なドキュメントを受け取ります。そして、企業はライセンスやユーザー数応じて、月額、四半期、または年額の金額をサードパーティーに対して支払います。

クラウド型eラーニングシステムのメリット

  • ほとんどのクラウド型eラーニングシステムのベンダーはユーザーや管理者に関わるトラブルやシステムのアップデートをサポートしている。
  • 学習者はインターネットに接続するだけで場所や時間にとらわれずサービスを利用できる。
  • クラウドコンピューティングを仕様すると、 eラーニングシステムを管理するITスタッフを雇う必要がないため、予算を節約でいます。

このように便利な点はありますが、機能をカスタマイズするにはサードパーティーに依頼する必要があります。このクラウド型eラーニングシステムを適用する際にもう1つ考慮すべき点があります。それは、販売戦略などの企業の機密コンテンツの取扱いです。これらの機密コンテンツを含む学習教材は漏洩するリスク高い為、クラウドベースのeラーニングシステムに配置しないよう注意してください。

また、eラーニングシステムのベンダーが依頼者に合ったコンテンツを持っていない場合、コンテンツの設計と作成に多くの時間がかかります。

イントラネット型eラーニングシステム

イントラネットタイプはプライベートオンライン学習システムに最適なソリューションです。イントラネット型は、企業がオンプレミスシステムを所有し、管理することになります。

企業には以下のメリットがあります:

  • 自由に教材やコースのアウトラインを設計できる。
  • 教材や資料をいつでもアップデートできる。
  • 多くの学習者を受け入れることができる。
  • システム上のすべてのセクションをカスタマイズできる。

しかし、このようなシステムを管理できる専門家チームが必要となります。

3. eラーニングシステム費用はどのくらいかかるのか?

eラーニングシステムとは

クラウド型eラーニングシステムの実装費用

システムを管理する部門がない中小企業にとって、クラウド型eラーニングシステムは素晴らしいソリューションです。サーバーやインストールなどの費用で20万円から30万円ほどかかります。

また、ユーザー数によって利用料金も異なります。ユーザー50名で3万円、150名で27万円程度の費用感となります。したがって、ユーザー50名で運用する場合の月々の支払い額は23万円から35万円程度です。

イントラネット型の費用

プライベートのeラーニングシステムが必要な場合、イントラネット型が最適です。eラーニングシステムの構築のためにインフラストラクチャが必要になります。つまり、社内チームがサーバーを制御する必要があります。

さらに、コストはコース教材や機能に応じて変化します。eラーニングシステムの平均的な見積費用は安くて100万円、より多くの機能を備える場合は1,000万円程度となります。

より差別化された独自性のあるeラーニングシステムを開発したい場合、500万円くらいを想定してください。合わせて、eラーニングシステム比較から各サービスの費用を比較してみてください。

4. eラーニングシステムは教育業界にどのように役立つか?

2012年、日本の大学54校とカレッジ11校がeラーニングコースの開講について政府からの承認を得ました。2014年には、30万人以上の学生がオンラインコースに登録しました。

日経の市場レビューによると、eラーニング市場は9.3%(2180憶円)増加すると予想されており、日本はeラーニング教育の最適な市場であることを示しています。

eラーニングシステムを構築することによって教育業界は以下のようなメリットを得ることができます。

  • 世界中の学生に向けて授業することができます。例えば、発展途上国の学生の多くは有名な大学の教育を受けたいと思っていますが、海外へ留学する余裕がありません。eラーニングコースはそのような学生のために役立ち、企業へも利益を生み出します。
  • 出席者の数、利用料金などの出席者の履歴から収益の情報を管理できるので、これを品質向上に役立てることができます。
  • 教室、スタッフ、教材にかかるコスト削減が期待できます。
  • 多様化するビジネスに合わせて多くの学習パッケージを作成し、利益を得ることができます。
  • コンテンツの品質を評価し、学習者からのフィードバックに基づいてカスタマイズすることができる。

eラーニングシステムの構築は教育業界により多くのチャンスをもたらします。今回は、eラーニングシステム開発やコストに関する基本知識を説明しました。

上記の情報がeラーニングビジネスの視野を広げることに役立てば幸いです。そして、是非BAPをフォローして最新情報をチェックしてくださいね。

BAPはeラーニングシステムの開発に実績のあるオフショア会社です。私たちは経験豊富な専門家チームを備えており、優れたeラーニングシステムの構築に役立てると確信しています。ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓