ブロックチェーンの未来は?今後のトレンドに関する5つの予測

ブロックチェーンとは? ビットコインを支える技術としてご存知の方も多いと思います。 しかし、ブロックチェーンはビットコインや暗号通貨だけにとどまりません。 この技術は、生活の様々な場面でより広く応用されることが期待されています。 では、ブロックチェーンの未来は? そのトレンドはどのようなものになるのでしょうか? 以下の記事を通して読み解いていきましょう。

I. ブロックチェーンの未来像

クラウス・シュワブ教授の著書「第4次産業革命」の中で、ブロックチェーンというキーワードが人類の未来工学技術として挙げられています。 ブロックチェーンの将来性については、数え切れないほどの声明が発表されているため、その大きな可能性を否定することはできないでしょう。

調査会社ガートナーによると、2026年までにブロックチェーンによって付加されるビジネス価値は3,600億ドルを超えると予測しています。 そして、2030年には、3兆1,000億ドル以上に達すると予測しています。

現在および将来の傾向により、ブロックチェーンは今後数十年の間に大きな革命を起こすと予測されています。

What is the future of blockchain?

ブロックチェーンの未来は?(画像提供:eubusinessnews.com)

Ⅱ. 今後のトレンドに関する予測

ブロックチェーンは、どのような分野に応用され、人々の生活により良いサービスを提供していくのでしょうか。 次の5つの分野への影響は無視できないでしょう。

  1. サイバーセキュリティ分野

今日、企業にとって継続的な課題となっているのが、データの改ざんです。 したがって、サイバーセキュリティは、ブロックチェーンの成長が予測される最も有望な分野の1つです。 ブロックチェーン技術により、改ざんを防止し、データを保護し、ユーザーがファイルの信頼性を検証できるようにすることができます。

  1. 政府・行政分野

政府は分散型台帳技術(DLT)システムを導入することにより、従来の紙ベースのシステムを置き換えることができます。

Blockchain technology is applied to the government

ブロックチェーン技術を行政に応用(画像提供:dinardirham.com)

さらに、ブロックチェーン技術を利用した選挙での投票は、より簡単に、迅速に、かつ安全に行うことができます。 ブロックチェーンは、不正や偽造を防止するために、投票記録を改ざん不可能なものにします。 また、有権者の個人情報を保護し、遠隔地からのリモート投票をサポートするのにも役立ちます。

  1. 金融・銀行分野

2021年、エルサルバドルはビットコインを法定通貨として公認した最初の国のひとつになりました。 世界的なインフレと、金融業者間の送金コスト上昇が主な理由でした。 多くの研究者は、発展途上国が近いうちに暗号通貨を受け入れる可能性があると考えています。

The future of blockchain in banking

銀行分野でのブロックチェーンの未来(画像提供:datafloq.com)

よって、ブロックチェーンの開発動向で、もう一つ有望なのが、各国の公認通貨としての暗号通貨です。 従来の既存通貨との連動も可能です。 この暗号通貨は、ユーザーが第三者に依存することなく取引を行うことを可能にします。 また、中央銀行が供給量をコントロールすることも可能です。

  1. 医療分野

ブロックチェーンは、患者のデータ管理、医薬品の供給管理、診察費・治療代支払いの自動化などのアプリケーション開発に利用できます。

特に、偽造ワクチンの製造と流通に関する懸念は解消されました。 なぜなら、ブロックチェーンは、ワクチンの出荷の真偽を検証し、ワクチンの流通や配布を追跡するための有効なツールとなるからです。 IBMは、ブロックチェーンを活用したワクチン配送システムの開発でパイオニアとなりました。

Blockchain in the medical field

医療分野におけるブロックチェーン(画像提供:blocktac.com)

  1. マーケティング分野

ブロックチェーンはマーケティング分野でも有用な技術になり得ます。なぜなら、広告キャンペーンの効果を監視・測定することができ、広告詐欺のケースを最小限に抑えることができるからです。 ブロックチェーン技術は、自動検閲、仮想アカウントの削除、広告契約の検証に役立ちます。 さらに、お客様の行動や心理に関するデータ収集にも役立ちます。

アクロニス・ファウンデーション社の社長、ジョン・ザンニ氏は、「ブロックチェーン技術は、90年代から2000年代初頭にかけてインターネットが世界にもたらしたものと同様に、今後数年のうちにテクノロジーやITの分野で多くの変革をもたらすだろう。」と発言しています。 このように、ブロックチェーンは今後ますます技術が向上し、さまざまな分野や産業でより深く応用されるようになるでしょう。

この記事が、ブロックチェーンの未来像を理解するのに役立つことを願っています。 課題はありますが、BAPはこの技術の将来的可能性に全幅の信頼を寄せています。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓