2022年、優れたブロックチェーン・プロジェクト・トップ10

現在に至るまで、ブロックチェーンが世界的に熱く、強い応用力を発揮していることは否定できません。 ブロックチェーン技術の影響は、インターネット革命と同じかそれ以上になると予測されています。 多くの企業がブロックチェーン・プロジェクトに資材を投じています。 今回は、ブロックチェーンの代表的なプロジェクト2022年TOP10をご紹介します。

I. ブロックチェーンアプリケーションの実際

ブロックチェーンのアプリケーションは、大きく4つに分類されます。

・スマートコントラクト:市場に送り出された金融アプリケーション。 資産には、株式および契約または契約に関連するあらゆるものが含まれます。

・デジタル通貨: ビットコインをはじめとする暗号通貨。

・記録の保存: 教育、行政、健康、芸術などの分野でのブロックチェーン応用。 ブロックチェーン技術は、国のデータや著作権を保護するのに役立ちます。

・有価証券: クラウドファンディング、借金、…などの特定のアプリケーションを含みます。

さらに、ブロックチェーンは、さまざまな分野の製品開発のために研究が続けられています。 金融/銀行、医療/ヘルスケア、小売、不動産などは、ブロックチェーンの利用に適する人気のある分野です。

ブロックチェーンの未来について詳しくは、こちらをご覧ください。

Application of blockchain in practice

ロックチェーン応用の実際(画像提供:builtin.com)

Ⅱ. 優れたブロックチェーン・プロジェクト

  1. Microsoft(マイクロソフト社)

この巨大な技術会社の注目すべきプロジェクトの1つが、コンテンツの所有権やロイヤリティ管理のためのブロックチェーンアプリケーション開発です。 このブロックチェーンシステムの最大のユーザーは、UbisoftやXboxなどのゲーム配信者です。

  1. Boeing(ボーイング社)

ボーイング社は、ブロックチェーン対応の航空管制システム「SkyGrid」を開発しました。 ドローンの追跡や通信、飛行ルートの割り振りに役立っています。

  1. Samsung Group(サムスン・グループ)

サムスンSDS(サムスングループのIT部門)は、地方自治体、空港、病院などのブロックチェーンプロジェクトを推進しています。 その中には、ワンストップの医療費請求処理サービスがあります。 このサービスでは、患者さんが病院の事務センター、携帯電話、キオスク端末で請求リクエストを送信することができます。

Samsung Group

サムスン・グループ(画像提供:news.samsung.com)

  1. Walmart(ウォルマート)

ウォルマートの傑出したブロックチェーン・プロジェクトは、「食品トレーサビリティ・イニシアチブ」です。 このシステムは、食品の汚染と安全性の問題を検出するのに役立っています。 約500種類の商品を追跡することが可能です。

  1. BHP(BHP社)

世界最大の鉱業会社のひとつであるBHP社は、ブロックチェーンを応用して多くの業務をデジタル化しています。 同社は、2020年6月にBaowu Steel(宝鋼金属社)との間で、世界で初めて鉄鉱石の取引をブロックチェーンで行いました。

  1. Shell(シェル社)

シェル社は、イギリスとオランダの多国籍石油・ガス会社です。 同社は、分散型デジタルパスポートシステムの開発を目的としたブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいます。 このシステムでは、すべての部品、機器、製品の認証を行うことができます。 各データは安全に処理され、保存される「データ・ストリーム・システム」により処理されます。

Shell Oil and Gas Group

シェル石油・ガスグループ(画像提供:shell.in)

  1. HSBC(香港上海銀行)

「Digital Vault」は、ロンドンに拠点を置く多国籍銀行、HSBCの傑出したブロックチェーン・プロジェクトの1つです。 お客様が「Digital Vault」を利用することで、不動産、負債、株式などの個人資産やデータにアクセスすることができるようになります。 もちろん、すべてがデジタル化され、セキュリティも万全です。

  1. Visa(VISAカード)

VISAカードの優れたプロジェクトの1つに、「Visa B2B Connect」があります。 ブロックチェーンインフラを利用し、国境を越えた決済のためのより優れた金融ソリューションを提供しています。 このシステムは、費用対効果に優れ、安全かつ迅速に世界中のあらゆる決済を処理することができます。

  1. LVMH(ルイ・ヴィトン社)

LVMH(ルイ・ヴィトン社)は、フランスに本拠を置く高級品ビジネスに特化したグループ企業です。 LVMHブロックチェーンプロジェクトは、AURAブロックチェーンプラットフォームを使用して、ルイ・ヴィトンやブルガリなどの主要ブランド品の偽造品対策やブランドの信用性保護に取り組んでいます。

LVMH Group

LVMH(ルイ・ヴィトン社)グループ(画像提供:adweek.com)

  1. Daimler(メルセデス・ベンツグループ)

ダイムラー(メルセデス・ベンツグループ)は、メルセデス・ベンツなど高級車の生産に特化した多国籍自動車会社です。 同社は、サプライチェーン・プロセスにおけるCO2排出量を追跡するブロックチェーン・プロジェクトに取り組んでいます。 これは、CO2を排除し、温室効果ガスを削減するという環境にやさしいアプローチのプロジェクトです。

上記は、有名グローバルブランドによるブロックチェーンプロジェクトの成功例です。 もちろん、ブロックチェーンをビジネスプロセスに適用しているブランドは大小合わせて数え切れないほどあります。 ブロックチェーンがもたらすものにより、今後、あらゆる産業でより有望なブロックチェーンプロジェクトが生まれるのは確実でしょう。

BAPチャットボット x

  • BAP

    BAPのオフショア開発サービスに関する基本情報をご案内いたします。 以下よりご関心の項目をご選択ください:

    詳細な仕様が伝わらないなど、コミュニケーション面の心配があります。日本語でのコミュニケーションには問題ありませんか?
    開発のみならず、リリース後の保守もお願いしたいのですが可能ですか?
    オフショア開発はサービスの品質に不安がありますが、品質を保証していただけますか?
    オフショア開発は未経験です。依頼をする場合は、どのような体制でどのような資料を準備するのが一般的なのでしょうか?
    業務システムでオフショアにお願いしようと考えているが、業務や複雑な仕様でも理解することは可能ですか?
    開発現場を見に行くことは可能ですか?
    AI研究を行いたいのですが、依頼は可能でしょうか?
    開発体制・技術スキルを教えてください
    品質保証はどうされていますか。
    プロジェクトの納期をしっかり守るためにどのようなことをしていますか?
    支払タイミングは顧客の都合に合わせてくれますか?
    検収はどのように行っていますか。
    緊急対応が発生する場合、どのような体制で対応していますか。
    20/02 10:36 ✓